芸者のメイク・着物・髪型

シンプルメイク?

芸者の化粧はいたってシンプルです。

ベースメイクは白塗り、眉墨、ぼかしたアイライン、真っ赤な口紅、以上で芸者の化粧は完成します。

ちなみに白粉がよれてしまうため、化粧水や乳液といった基礎化粧品は使わない人も多いのだとか。

一般的な化粧とはかけ離れたものであることは一目瞭然でしょう。

塗り残し?

芸者の化粧が厚めの白塗りであることは周知の事実です。

しかし、あれほどしっかりと白粉を塗り込むのにも関わらず、なぜか髪の生え際に不自然なほどの幅をとって地肌を露出させています。

またうなじに至っては独特の形で地肌を塗り残しています。

これは一説によると塗り残しの部分が女性のありのままの姿を想起させ、女性の色気を強調するためであるといわれています。

またうなじの塗り残しの形は年2回、正月と8月1日だけ変わるのが通例です。

色気のある着付け

芸者は着物の着方も一般的なものとは異なります。

ポイントは2つ、襟元と腰回りです。

芸者は「返し襟」といって着物の下に来ている襦袢の襟の一部を返して裏の赤い色が見えるようにしています。

腰回りに関しては帯の下に「緋しごき」という赤い布を腰にきつく巻くのも芸者の着付けならでは。

帯結びは垂れている部分が歩くたびに左右に揺れる「やなぎ結び」を使用します。

裾は長いままの「お引きずり」でここからも中に着た襦袢が見えるようになっています。

特徴的な着付けは所作の一つひとつがより女性らしく見えるような工夫の一つであるといえるでしょう。

もちろんお座敷以外ではからげ紐を使い、裾をたくし上げて歩きます。

島田髷(しまだまげ)

芸者の髪型は「島田髷」と呼ばれる最も一般的な日本髪が基本です。

島田髷はシンプルゆえに様々なアレンジが可能で特に芸者の間では「投げ島田」や「つぶし島田」、「くるわつぶし」などの根元が低く、髷が潰れたものが好まれました。