芸者の現状と将来性

芸者の現状

江戸時代から続く伝統的な職業である芸者ですが、年々なり手が不足しているのが現状です。

最盛期には各花街に数百人、数千人単位の芸者がいましたが、現在全国にいる芸者の数は数百人ほどといわれており、年々減少は続いています。

また、芸者には定年がないため、全体として高齢化がすすみ若手の芸者が減ってきていることも問題となっています。

芸者になるための修業期間は20歳ごろまでと決められているため、若いうちに進路を決断しなくてはならず、学業との両立が難しいこと、現代の職業選択とのミスマッチが起きていることは否めません。

万が一、芸者の道を退いた場合、最終学歴が中学または高校卒業である場合が多く、一般的な職業への再就職は難しいのが現状です。

芸者の需要

芸者の需要は少なくなっているとはいうものの、東京や京都をはじめとする花街はあり、今後もまったくなくなることはないでしょう。

芸者は国内だけでなく日本文化の一つとして海外からも注目を集めており、そのニーズが衰えるとは考えられません。

ただし、芸者として芸の道を選ぶのは決して簡単にできることではありません。

厳しい修業期間を乗り越えなくてはなりませんし、芸の道には上下関係や置屋のしきたりなど一般的な生活とは異なる文化も身に付けなくてはならず、途中でリタイアしてしまう人も少なくありません。

芸者として成功する人はわずかで、こうした現状を理解したうえでしっかりと覚悟をもってこの道に進まなくてはなりません。

芸者の将来性

近年はもともとお茶屋や宴席を利用していたような客層は減りつつあります。

代わりに増えているのが、日本を訪れる外国人向けの客席です。

海外からすると、日本文化の象徴ともいえる芸者による余興やコミュニケーションは是非体験したいもののようです。

このような状況を踏まえ、より良好なコミュニケーションがとれることを目的とし、語学力の向上に勤しむ芸者が増えてきています。

宴席で良い印象を持ってもらうことは、リピーターの確保につながります。

花街をより盛り上げるためにも、海外からの観光客向けの対応や、語学の学習は必須になっていくかもしれません。

芸者の今後の活躍の場

花街の市場としての縮小は否めませんが、日本の伝統芸能の担い手として、芸者は貴重な存在です。

今後も全く需要がなくなるということは考えにくいですが、時代に即して働き方も柔軟に変化していく必要があると考えたほうがよいでしょう。

着付けやメイク、伝統芸能、美しいみのこなしなど芸者が体得しているものは多くの女性の憧れであり、さまざまなイベントに呼ばれ、技能指導の講師を務めることも増えてきています。

また、伝統教育の一環として小中学校に出向し、日本舞踊や三味線といった芸能を披露することもあり、海外で開催される日本関連のイベントで芸事を披露したりする機会も増えてきました。

宴席の数が減りつつあるという厳しい現実を埋めるべく、今後の芸者は時代の変化に応じて活躍の場を広げていくことが必要でしょう。

芸者の「成長・将来性」の口コミ投稿

  • 成長・将来性
    1.00
    成長・将来性
    1.00

    芸者(東京) えんかいなさん

    28歳 女性 経験3年10ヶ月 東京都

    退職済み(業務委託)


    将来的に完全に無くなることはないと思われますが、規模が小さくなっていくことは間違いないでしょう。

    特にコロナ禍に入り、京都のように支援のない東京はたくさんの芸者衆が辞めていきました。

    日本としても伝統芸能を守ろうという前向きな姿勢がないので、本当にやりたいのなら自助努力でしかないなと思います。

    若い人を育てることも大事だとは言われていますが、はっきり申し上げますと、最終的に「本当