芸者のやりがい、魅力

芸の道に邁進できる

日本の伝統芸能を担う立場であることに誇りを持っている人がほとんど。

余興で披露する芸事は日本舞踊をはじめ、琴や三味線などの鳴物や長唄など、どれも古くから受け継がれてきた日本の宝です。

芸者として活躍できるのは見習いとして満遍なく稽古に励み、人前で披露できるレベルにまで達した人だけ。

幼少期から励んでいた芸事がある場合はなおさら、この道でやっていくことに喜びを感じています。

芸事を極めることを目的に精進すること自体がこの職業の魅力であるといえるでしょう。

客の喜ぶ笑顔が見られる

芸者の余興は見る人を魅了し、宴席を大いに盛り上げます。

したがってエンターテイナーとしてのやりがいは十分に感じられる職業であるといえるでしょう。

つらい稽古で苦労したことも余興一つで吹き飛び、更なる飛躍へのモチベーションになりえます。

客の前で演目を披露する時の高揚感を何にも勝る魅力であると考えている芸者は数多くいます。

様々な人と関われる

宴席での客へのおもてなしも芸者の大切な仕事の一つです。

客層によって会話の内容も異なるため、日々アンテナをはって情報収集にしています。

このように、あらゆる人と関われる職業であることも芸者の魅力です。

多くの人と関わることが自身の教養を高める契機になり、ひいては芸の肥やしにもなるといえるでしょう。

最近では外国人の客を相手にすることも多く、語学力の向上に励んでいる芸者も増えてきています。

教養が身につく

着付けや髪結いはできて当たり前。

見習いの時は時間がかかったり、きれいに仕上がらなかったりと苦労するものですが、芸者ははやく美しく身支度をすることができます。

これらが身につくことは自身の一生の財産になるといえるでしょう。

また、和服で過ごす時間が長いため、美しい姿勢や所作、さらに、芸者特有の美しい言葉遣いも併せて身に付きます。

日本独自の各種礼節を熟知していることも現代社会において貴重であるといえるでしょう。