DTPデザイナーの勤務時間・休日

勤務時間

DTPデザイナーが活躍する出版や広告、印刷業界などは、全体的に激務になりがちといわれています。

DTPデザイナーの勤務時間は、他職種の社員と同じように9:00~18:00くらいで設定されることが一般的ですが、この仕事はつねに締め切りに追われる状態にあるため、勤務時間を超えて仕事をしなくてはならないことも多いようです。

しかし、ほとんどの企業では出社時間の調整や代休を取るなどにより、激務になりすぎないように工夫しています。

夜型になりやすい職場では、始業時間が11時くらいに設定されていることもあります。

また、柔軟な発想力が必要とされる「クリエイター」に分類される仕事であるために、勤務中に仮眠を取ったり、散歩に出かけたりといった自由が認められている会社も多いようです。

休日

DTPデザイナーの休日は、土・日曜日を休みとする完全週休2日制のところが多くなっています。

しかし、決められた休日にどの程度きちんと休めるかどうかは、勤務先の体制や、その時々に抱えている案件の進捗状況によってもだいぶ変わってくるでしょう。

納期前の追い込み時期や、急な修正依頼が入った場合などは、休日出勤もやむを得ない状況になります。

勤務先によって忙しさは大きく変わってくる

DTPデザイナーはハードワークといわれることが多いですが、締切ありきの仕事である以上、どのような会社で働くにしても、ある程度の忙しさは覚悟しておいたほうがよいかもしれません。

しかし、ひとつのプロジェクトが落ち着いたら連休を取れる会社もありますし、業務がスムーズに終わった日は定時上がりをしている人もいます。

なお、DTPデザイナーは勤務時間以外でも、街中で見た広告のデザインについて検討したり、デザイン本を見て勉強したり、美術館やアート展に出かけたりといったことを通してセンスを磨こうとする人も多くいます。

こうしたさまざまな経験が糧になり、次のデザインワークに生かされていくでしょう。

仕事とプライベートにあいまいな部分があるのも、この職種の特徴だといえるでしょう。