コピーライターの勤務時間・休日・仕事は激務?

コピーライターの勤務時間

コピーライターが活躍する広告の仕事はクライアントありきなので、クライアントの都合で仕事をすることも多いです。

また、広告業界は納期との戦いになりやすく、締め切りが近かったり、作業が立て込んでいるときは、コピーライターは睡眠時間を削ってでもコピーを考えなければいけないこともあります。

急遽やり直しが入って休日対応となることもしばしばあり、働く時間は長くなりがちな仕事です。

しかし、基本的な勤務時間や労働時間は、おもに「広告代理店などの企業に勤務する場合」と「フリーランスの場合」で大きく異なります。

企業に勤める場合

広告代理店など企業に所属して働く場合は、各企業が定める勤務時間で仕事をすることになります。

基本的に、コピーライターは一般的なオフィスワークの仕事と同じように日勤となっており、夜勤が入ることはまずありません。

もちろん、仕事量や仕事の状況によっては、決められた時間を超えて働かなければならないこともあるでしょう。

その場合は「残業」や「休日出勤」といった形がとられ、別途手当が支給されたり代休を取得したりすることで対応します。

フリーランスの場合

フリーランスのコピーライターとして活動する場合は、企業に勤める場合のように決められた勤務時間がありません。

深夜でも早朝でも好きなときに仕事をすることができ、また1日に4時間だけ働こうが12時間働こうが自由です。

休日も企業のように「土日祝日」などと決まっておらず、案件の締め切りなどに合わせて、自分自身でスケジュール管理をすることが基本となります。

コピーライターの休日

コピーライターの休日は、所属先の企業の種類や、働き方などによっても異なります。

大手の広告代理店であれば土日を休みとする週休2日制が基本です。

近年は「フレックス制」を採用する企業も増えていますし、そうでなくても長時間残業した翌日は遅めの出勤が認められる企業がほとんどです。

また、休日出勤分も仕事が空いたタイミングで代休を取ることができ、有給休暇や特別休暇の取得もスムーズです。

普段は忙しいものの、案件が落ち着いているタイミングでは比較的ゆっくりと休みやすいようです。

一方、中小の広告代理店や制作プロダクションになると、社員数が少ないためディレクションやプランニングなども含めて幅広い仕事をこなすコピーライターが多く、深夜残業でタクシーで帰っても、翌朝10時頃からいつも通り仕事をこなさなければならないこともあります。

代休や有給休暇を申請するにも上司や同僚に気を遣わなければならないなど、気苦労も多いようです。

また、フリーランスのコピーライターは、自分次第で自由に休みをとることが可能です。

会社に気兼ねすることなく、ここぞという時には激務をこなし、一段落したらまとまった休みを取るなどのメリハリのある仕事の仕方をする人も多いようです。

コピーライターの残業時間

締め切り前の残業や休日出勤がやむを得ないのは広告業界の常識です。

やり手のコピーライターほどたくさんの仕事を抱え、残業が多くなりがちですが、労働環境や待遇には企業によってかなりの差があります。

一部のコピーライターは、残業時間が月に100時間を超えてしまうような人もいるようですが、最近は「働き方改革」といった世間の流れもあり、できるだけ残業時間を減らす取り組みに力を入れる企業が増えています。

とはいえ、コピーライターの仕事は時間で成果を図りにくい部分があり、決まった時間内だけ働けばOKというわけにはいきません。

なかなか思うようなコピーが書けないと、どうしても残業をして対応しなくてはならないこともあります。

コピーライターは忙しい? 激務?

一概にはいえませんが、大手広告代理店の社員→フリーランス→中小の広告代理店→制作プロダクションの社員、という順で激務度合いが増していくといえるでしょう。

小さな企業では最低限の人数で仕事を回していることが多く、どうしても一人ひとりが抱える業務量が膨大なものになりがちです。

また、厳しいスケジュールでの制作に対応しなくてはならないケースも多々あり、なかなかゆっくりと休めないのが日常です。

独立したコピーライターは、自分のペースで仕事を進めやすくなりますが、売れっ子コピーライターになると、次から次へと案件の依頼が入ってくる「うれしい悲鳴」をあげることになるかもしれません。

コピーライターの休日の過ごし方

広告制作はチームを組んで行うものですが、コピーをひねり出す段階では一人で頭を抱える時間が多くあります。

机に向かっている時間だけでなく、起きている時間はもちろん、ときには眠れずにひたすらコピーのことを考え続けることにもなるでしょう。

アイデアの種は日常のあちらこちらに転がっています。

このため、コピーライターはオフの時間でもコピーの参考になるものがないかを集めていますし、流行の映画や本、アートなどにも触れて感性を磨き続けています。

コピーライターの1日のスケジュール・生活スタイル