ケースワーカーの勤務先の種類・活躍の場

ケースワーカーは、主に行政機関を中心に活躍しています。

本記事では、ケースワーカーの就職先や働き方の種類を紹介します。

ケースワーカーの勤務先・働き方の種類

ケースワーカーは、主に行政機関である福祉事務所、児童相談所、役所の社会福祉課などを中心に活躍しています。

ケースワーカーという呼び方は主に行政機関に勤めているときに使われます。

病院などの医療機関で勤めるときはソーシャルワーカーや、メディカルソーシャルワーカー、民間企業では生活相談員といった名称で呼ばれることもあります。

ケースワーカーの仕事内容・役割

地方公務員として福祉事務所に勤務するケースワーカー

福祉事務所は設置が義務付けられている

ケースワーカーは、地方自治体が設置する福祉事務所で勤務します。

福祉事務所は都道府県や市には設置が義務付けられており、町村では任意で設置することが認められています。

福祉事務所で勤務するケースワーカー

福祉事務所で勤務する場合は、まず地方公務員試験に合格しなくてはなりません。

基本的には福祉職として採用されますが、ケースワーカーになるためには必ずしも資格が必要ではないため、一般職から配属される場合もあります。

ケースワーカーは1人当たりの担当は80世帯が目安とされていますが、生活保護の需給者が増えていることや人材の確保が難しいことから1人当たり100世帯以上を担当している人も珍しくありません。

以下のような問題に助言する役割を担います。

  • 生活保護受給に関する相談
  • 生活への不安や悩み障害や病気
  • 経済的な困窮

病院勤務のケースワーカー

病院勤務のケースワーカーは「ソーシャルワーカー」と呼ばれることもあります。

主に通院・入院されている患者から医療や介護の相談を受けます

病院の場合、患者本人だけでなくその保護者や家族などからもさまざまな相談が寄せられるため、専門知識を持つ医師ケアマネジャーなどと相談をしながら適切な社会福祉制度やサービスを提案します。

そのほかの場所で活躍するケースワーカー

児童に関する施設

児童相談所や養護施設などの児童やその保護者に関する施設で働き、児童福祉に関する調査業務を行います。

場合によっては児童を保護するかどうかの判定を行います。

高齢者や介護に関する施設

老人福祉施設などの高齢者や介護を受ける人に関する施設で働き、医療制度や介護サービスに関する相談に乗ったり、アドバイスを行ったりします。

精神障害者に関する施設

精神保健福祉センターなど精神障害を抱える人が利用する施設で働き、生活に関する相談や指導を行います。

また知識の普及や調査研究に携わることもあります。

女性に関する施設

女性センターなど女性に関する施設で働き、女性特有のさまざまな問題や、DV、売春などの相談を受けます。

こうした公的機関で働く場合は、福祉事務所と同様に地方公務員として働きます。

ケースワーカーの就職先・活躍の場のまとめ

ケースワーカーは、主に行政機関である福祉事務所、児童相談所、役所の社会福祉課などを中心に活躍しています。

ほかにも、病院、児童施設、高齢者施設、障害者施設、女性センターなど幅広い活躍の場があります。

相談者は年齢や状況もさまざまですから、相手ときちんと向き合い一人ひとりに適切な制度やサービスを提案する姿勢が大切です。