美容部員の求人・採用状況

美容部員は正社員の募集は少なく競争率が非常に高いのが現状です。

しかし、契約社員やアルバイトであれば、比較的コンスタントに求人が出ている傾向にあります。

この記事では、美容部員の求人・採用状況について解説します。

美容部員の就職先にはどんなところがある?

美容部員の求人を出しているのは、

などが主です。

美容関係のショップはどうしても都会のほうが多くなるため、求人も都心部をはじめとした大都市が圧倒的に多くなっています。

地方都市の場合は百貨店も少ないため、どちらかというとショッピングモールの化粧品売り場やドラッグストアの求人が多い傾向にあります。

美容部員の勤務先と仕事内容の違い

美容部員の求人の状況

美容部員としての求人募集には、

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト

とさまざまな雇用形態があります。

正社員の募集は少なく競争率が非常に高いのが現状ですが、契約社員やアルバイトであれば、比較的コンスタントに求人が出ている傾向にあります。

美容業界は20代から30代の若い女性がメインの働き手となる職場のため、結婚や出産などのライフイベントを理由に離職するケースが非常に多く常に新しい人を必要としています。

また、正社員の美容部員で育児休暇を取得する人の場合も、休職中の代わりの社員が必要になるため、美容部員は年間を通して比較的求人が多いです。

美容部員の就職先の選び方

美容部員の働き方は大きく分けると、

  • 特定の化粧品メーカーに就職する
  • 百貨店や駅ビルやドラッグストアのような特定の店舗に就職する

といった2種類に分かれます。

特定の化粧品メーカーに勤める場合は、自社ブランドの化粧品のみを扱うため、専門性は高まるものの他社の化粧品を扱うことはできません。

店舗に就職する場合は、さまざまな化粧品メーカーの化粧品を扱うため、自由度は高くなりますが、その分幅広い商品知識が必要です。

自分がどのような職場で働きたいのか、どのような働き方をしたいのかを考えた上で就職先を選ぶとよいでしょう。

美容部員の志望動機・面接

美容部員を目指す人のほとんどが、「自分自身メイクや化粧品が大好き」という思いを持っています。

ただし、美容部員の仕事はあくまでも「化粧品販売のスペシャリスト」であるため、お客さまに対するカウンセリング技術や高度なサービスのスキルも求められます。

化粧品が好きなことは大前提として、人と接することが好きだったり、人にアドバイスをすることに喜びを感じられたりするような人が、美容部員になるケースが多いです。

美容部員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先の探し方

就職先の探し方
  • 美容部員専門の求人サイト
  • さまざまな名称で求人を探す

美容部員専門の求人サイト

美容部員の求人は、

  • 一般の求人サイトやハローワーク
  • 化粧品メーカーのホームページ

などで探せます。

近年では、インターネット上に美容部員に特化した求人広告を集めたサイトなどもあります。

美容部員としての就職をめざす人は、こういったサイトを活用するのも一つの方法です。

さまざまな名称で求人を探す

美容部員という名称は、美容に携わる人という意味で広く用いられていますが、資格や免許が必要な職業ではないためこの名称に関してもとくに厳しい規定があるわけではありません。

メーカーや店舗によっては

  • ビューティーアドバイザー
  • ビューティーカウンセラー
  • ビューティーコンサルタント

などという名称で求人募集を出しています。

肩書きは変わっても仕事内容はほぼ同じため、さまざまな名称で求人を探すとより選択の幅が広がるでしょう。

美容部員の求人・採用状況のまとめ

美容部員の求人は主に、化粧品メーカー・百貨店や駅ビルなどの化粧品売り場・ドラッグストアなどから出ています。

比較的、美容関係のショップは都心部をはじめとした大都市に多い傾向があり、地方都市の場合はショッピングモールの化粧品売り場やドラッグストアの求人が多い傾向にあります。

結婚や出産などのライフイベントを理由に離職するケースや、正社員の美容部員が育児休暇中の間は社員が必要になるため、美容部員は年間を通して比較的求人が多いです。

化粧品メーカーと百貨店や駅ビルなどの化粧品売り場・ドラッグストアでは求められる知識が異なるため、どのような働き方をしたいのかを考えた上で就職先を選ぶとよいでしょう。

美容部員の求人は、一般の求人サイトやハローワーク・化粧品メーカーのホームページなどで探せますが、美容部員は呼ばれ方も多数あるため求人検索をするときには、さまざまな名称で探すと見つけやすくなります。