美容部員に必要な資格はある?

美容部員になるために必要な資格はありません。

しかし、美容系専門学校を卒業された方歓迎などと書かれた求人も多いことから、メイクやスキンケアに強い関心がある人の方が面接では有利になります。

そのため資格を取得すれば、意欲的にみせるためのアピールにつながります。

この記事では、美容部員になるための資格について解説します。

美容部員と資格

美容部員になるために特別な資格は必要ありません。

資格や学歴よりも、メイクやスキンケアに強い関心があることや、化粧品・ファッションなどの販売経験の方が強みとなります。

ただし、求人広告に「美容系専門学校を卒業された方歓迎」などと記載されているメーカーも少なくありません。

実際には入社してから、そのメーカーならではの知識や技術を一から学んでいくので、スクールで学んだ内容を求められているわけではありませんが、専門スクール卒の学歴は「メイクやスキンケアに強い関心がある」ことの裏付けとして強いアピールポイントになります。

さらに、仲間と切磋琢磨しながら修了の日まで毎日学びを続けたことは、美容へのモチベーションやセンスの向上に大きな影響を与えているとして、高い評価の対象になることもあります。

美容師におすすめの資格

学歴と同じように、資格取得も必須ではありませんが、意欲的にみせるためのアピールに有効的です。

美容師におすすめの資格

美容師免許

美容師免許は美容専門学校などを修了し、国家試験に合格した人が取得できます。

美容専門学校ではメイクの授業もあり、まつ毛パーマやまつ毛エクステの施術には美容師免許が必要であることから、美容師免許は化粧品との関わりが密接な資格といえます。

取得すればより仕事の幅が広がるといえるでしょう。

公益財団法人理容師美容師試験研修センター 美容師資格

メイクアップ技術検定試験

もともとはメイクアップアーティストのための資格で、「メイクアップアーティストを広く一般的に職業として認知させると同時に、この基本技術と理念を日本の市場に浸透させる」という理念の下に設立された、社団法人JMAが認定しています。

レベルは上から1級・2級・3級・4級の4段階となっており、3級以上では実技試験も実施されます。

メイクアップについて学べるスクールでは、この検定試験への合格を目指したカリキュラムが組まれている講座もあります。

JMA メイクアップ技術検定試験

IBF国際メイクアップアーティスト試験

IBF(国際美容連盟)が認定する試験です。

試験を受けるには、IBFの認定校を修了している必要がありますが、認定校で美容について学んでいれば比較的簡単に受験できます。

筆記・実技両方行われますが、在宅でも試験の受験が可能となっています。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験

日本化粧品検定

化粧品と美容に関する知識の向上を目指した検定で、専門的な化粧品や美容の知識を学べます。

受験者の半数以上は化粧品・美容関連業界で占めており、化粧品のプロフェッショナルとして、仕事に直結した資格として支持されています。

この資格は、学校へ行かなくても独学・通信講座などのの受講で勉強することが可能です。

また、この検定を受験し一級に合格し、日本化粧品検定協会へ入会しコスメコンシェルジュ研修プログラムを受講することで、コスメコンシェルジュという上位資格を得れます。

さまざまな人の肌の悩みに対し、最適な化粧品をセレクト・アドバイスできるプロフェッショナル認定する資格です。

日本化粧品検定

美容部員に必要な資格はある? まとめ

美容部員になるために特別な資格は必要ありません。

ですが、経験や関心を重視する傾向があるため、資格は面接時に知識や意欲をアピールするのに有効的です。

美容師免許・メイクアップ技術検定試験・IBF国際メイクアップアーティスト試験・日本化粧品検定などの資格があり、学校へ通うものから、独学で受験可能なものまでさまざまあるので、自分の状況に合わせて、資格取得を目指しましょう。