美容部員の働き方の種類とその特徴

美容部員の雇用形態

化粧品メーカーの社員になる場合

特定の化粧品メーカーに就職する場合は、いわゆる大手の化粧品メーカーが自社製品を扱うスペシャリストを育てるために求人を募集します。

採用されれば、そのメーカーの商品を扱う売り場に派遣されて店頭に立って販売に携わります。

こうした場合は、自社の化粧品メーカーのPR・販売をすれば良いので、自社製品の知識の習得やメイクのテクニック磨きに力を入れやすいという一方、店舗間の異動があるためスタッフやお客さまとの人間関係の構築に苦労する場合もあるようです。

特定の店舗の社員になる場合

百貨店や駅ビルやドラッグストアのような特定の店舗に就職する場合、あくまでも「化粧品売り場の担当」というスタンスなので、特定の化粧品メーカーを担当するのではなく、さまざまな化粧品メーカーの商品を平等に販売します。

扱う化粧品の種類が多いので商品を覚えるのに苦労する一方で、お客さまのニーズに合わせてさまざまな選択肢のなかから商品を提案できるというメリットがあります。

正社員からアルバイトまで

化粧品メーカーに採用される場合も、特定の店舗に採用される場合も、雇用形態はさまざまです。

正社員になれる人は少数で、契約社員やアルバイトでの採用が多いのが一般的ですが、契約社員やアルバイトでも、顧客が多さや売り上げに大きく貢献していることが認められて正社員に雇用されることもあります。

正社員の美容部員

正社員の採用は狭き門になることも

国内の大手化粧品メーカーのなかには、正社員の新卒採用を実施しているところもあります。

学歴は「専門学校卒」や「短大卒」以上を求められることが多いようですが、「高卒」であっても受けられるところもあり、新卒採用であれば専門知識やスキルは問われないことが多いため、早くから美容部員を目指し学校を出てすぐに美容部員になりたいという人にはこのルートをたどるとよいでしょう。

大手化粧品メーカーは直営店や販売店が全国に多数あるため、美容部員の採用人数も比較的多くなりますが、化粧品メーカーでの正社員採用は少なく、狭き門となることは覚悟しておきましょう。

外資系メーカーは中途採用が基本

外資系の化粧品メーカーの場合「即戦力」になれる人を求める傾向が強いことから、大手でも中途採用が中心となっています。

契約社員からスタートすることも多いようですが、外資系は国内メーカーよりも給与が良い場合があり、売上に応じたインセンティブの割合が多めに設定される企業もあります。

こうしたことから、契約社員でも国内メーカーの正社員以上の収入を得ている人はいるようです。

正社員以外の雇用形態からステップアップ

正社員の求人がない場合、別の雇用形態から美容部員となり、経験を積んでステップアップを目指すルートも考えられます。

メーカーによっては、全員契約社員からスタートする形をとっているところもあり、その場合、経験や実力に応じて正社員に登用されることがあります。

また、どのような雇用形態で働いていたとしても、美容部員としてのキャリアはその後の転職活動にも生かすことが可能です。

美容部員の中途採用は比較的多く行われているため、より良い条件で働ける職場への転職を目指すことを考えてもよいでしょう。

契約社員の美容部員

契約社員として働く人が多数

美容部員は、契約社員が多い職業です。

この仕事は華やかなイメージと裏腹に、立ち仕事であることやノルマの存在など厳しい面も多々あり、そのギャップにとまどって早くに離職してしまう人もいるようです。

せっかく正社員として採用しても、すぐに辞められてしまっては企業側にとっては痛手となるため、まずは契約社員として採用して適性を見るという考えをとる企業が増えているようです。

とくに外資系化粧品メーカーは契約社員の採用が非常に多いのが特徴です。

契約社員の特徴

契約社員は正社員よりも給与水準がやや低めとなっていますが、企業によってはボーナスが支給されることもあり、正社員とほぼ同等の待遇で働けることもあります。

そのほか、契約社員の場合は勤務エリアが限定されており、転勤や異動の必要がなかったり、残業もしなくてよかったりなど待遇面では正社員と差がある場合があります。

正社員に登用されることも

契約社員は雇用期間が定められているため、正社員に比べて将来の不安を感じやすい雇用形態といえますが、「契約社員は正社員登用の前提」と考えている企業も多く、きちんと仕事をして実績を残していくことで、正社員への切り替えのチャンスが得られます。

化粧品メーカーによっては「全員契約社員からのスタート」としていることもありますが、その場合はたいてい、一定期間が過ぎると正社員になることが可能です。

この「一定期間」というのはまちまちですが、契約社員でも社内試験を受けて合格することで正社員になれるケースもあり、さらなるキャリアアップを実現できます。

派遣の美容部員

百貨店やショップの化粧品カウンターで仕事をする

メーカーに就職する方法だけではなく、派遣会社から化粧品メーカーに派遣されるというルートでも働くことはできます。

派遣の美容部員の勤務先となるのは、全国の百貨店や大手ショッピングセンター、ドラッグストア、専門店などの化粧品カウンターです。

メーカーの制服を着て、カウンセリングやメイクアップサービスをしながら化粧品の販売をするという仕事内容はメーカーの正社員と変わりません。

派遣の業務内容の実態

もし美容部員の経験がある人が派遣先で働く場合、美容部員としての基礎はできているという前提で、メーカー本社での研修はそのブランドに特化したものとなり、研修終了後は即日、店頭で勤務できます。

美容部員の経験がない、あるいは浅い場合には基本的に即戦力として働くことができないため、通常の派遣社員ではなく「紹介予定派遣」での採用がメインになり、おおよそ6ヵ月後に、契約社員へ転籍することが前提です。

研修では数日かけて基礎的な商品の知識からメイクアップの技術、接客マナーなどを幅広く習得します。

派遣のメリット・デメリット

派遣のメリットは、時給で1,000円から1,500円程度とメーカーの正社員に比べて給料が高く、入社数年目の社員と同等の時給を最初から手に入れることができることです。

また、契約を延長しなければ自分のタイミングで辞めることができ、再雇用も問題ありません。

契約内容によっては週に数日だけ、あるいは短時間だけ働くことも可能で、残業はそれほど多くないため、自分の都合に合わせて働くことができます。

派遣のデメリットは昇格がなく、いつ契約を切られるかわからないという不安がつねにつきまとうことです。

また長年勤めていても昇給がないことが多く、正社員なら当たり前の退職金・賞与・有給休暇・各種手当・雇用保険・厚生年金・社会保険などの制度がありません。(ただし派遣会社によっては、有給休暇や社会保険などを設けているところもあります)。

アルバイト・パートの美容部員

アルバイトの美容部員

アルバイトの美容部員といっても、基本的な仕事内容は他の社員と変わらないことが多いようです。

お客さまの化粧品選びを手伝ったりレジ打ちをしたり在庫確認や棚の陳列を行ったりします。

たとえアルバイトであっても、お客さまの前に立つ以上「その店の顔」として、責任を持って仕事に取り組むことが求められます。

アルバイトの待遇

アルバイトの場合はシフト制で勤務することが多く、社員の指示のもとで働くことになります。

それぞれの店舗の開業時間に合わせて、早番や遅番などを組み合わせて対応することになります。

給与については、勤務する地域や店舗によって時給は大きく異なりますが、平均して850円から1,200円程度が一般的です。

アルバイトの美容部員のメリット

アルバイトの美容部員となった場合、労働時間は1日数時間からOKで、勤務も「平日だけ」「休日だけ」と臨機応変に対応してもらえることが多いようです。

また、「お客さまが多い午後の時間帯だけ」「クリスマスや正月などの忙しい時期だけ」というような勤務が可能なこともあります。

こうしたことからアルバイトの美容部員は既婚女性に人気で、家庭との両立をはかりながら、好きな化粧品やメイクの仕事に携わりたいという女性にとっては、よいアルバイトとなるようです。

アルバイトから社員を目指すことも

アルバイトとして働き実力が認められると、正社員や契約社員への道がひらける可能性もあります。

美容部員は、個人でどれだけ顧客をつかめるか、商品の売り上げに貢献できるかがとても大切です。

学歴や経験値よりも人柄やコミュニケーション力、センスがものをいう仕事で、実力のある人はお店からも重宝され、収入や待遇アップにつながることもあります。

アルバイトで経験を積むことで、社員になるための社内試験を受けられる会社も少なくありません。