回答者:nekosukiさん(女性/29歳)

職業名:アパレル販売員 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:5年

仕事内容
福岡の百貨店で勤務していました。

仕事内容は紳士肌着の販売です。

もともと接客業が好きだったこともあり販売員になりました。

販売員は接客だけでなく売上の報告や在庫の管理なども行います。

一番気を使っていたことは、商品の発注と管理です。

肌着なのでまとめて購入するお客さまも多くいらっしゃいます。

そのようなときに、在庫がないとお客さまにもがっかりされますし、売上にも影響します。

ですから、商品の在庫数は把握するようにしていました。
仕事のやりがい
私が担当しないと嫌だというお客さまを持ったときです。

何回か接客していくうちに信頼してもらえるようになり、私の名前を覚えてくれて指名してくれるようになったときは嬉しかったです。

また、最初は機嫌が悪そうなお客さまも一生懸命接客すると、最後には「ありがとう」と言って帰っていくときがあります。

そんなときには、自分も接客のレベルが少し上がったかなと思えました。
覚悟しておいた方がいいこと
サービス業なので連休はなかなか取れないし、友人や家族と休みの予定が合わずになかなか遊びの予定が合わないことが多いことです。

また、優しいお客さまばかりではなく、たまに理不尽なクレームなども受けることもあります。

そんなときでもグッと我慢しなければならないときは、ストレスを感じるときもあります。
給料・待遇
25歳で勤続年数5年で手取り17万程でした。

ボーナスは夏と冬合わせて1.5ヶ月くらいです。

給与はもう少し欲しいと思っていましたが、有給休暇や残業代などはしっかりと貰えていました。

健康診断も、本来であれば有料の婦人科の検診まで受けさせてもらえていました。
この職業の恋愛・結婚事情
職場恋愛のカップルも多くいましたし、全く別の業種の人と結婚している人もいました。

結婚後は、子供が産まれるまで働く人が多かったです。

子供が産まれてからも、産休・育休後に復帰してショートタイムで働いている人もいました。
この職業を目指す人へのメッセージ
販売員というと、女性だけの売り場も多く大変なイメージを持っている人もいると思います。

だけど、いい人もたくさんいるので大丈夫です。

クレームなども大変なときもありますが、しっかりと対応すれば分かってくれるお客さまも多いですし、責任者の方もフォローしてくれます。

接客が好きな人ならば長く働けると思います。