書店員に向いている人、適性

本が好きな人

書店員は本が好きであり、一定以上の読書量のある人ばかりです。好きな分野や作家はそれぞれですが、自分の専門に関しては特に多くの雑誌・書籍を読んでおり、知識も豊富です。

大きな書店では、就職後にそれぞれの担当コーナーに配置されるため、自分の好きな分野・作家に関しては誰にも負けないという自信を持てるくらい、読書が好きであることが書店員の第一の適性といえます。

リーダーシップのある人

とはいえ、ただ本が好きなだけでは書店員は務まりません。書店に正社員として採用された場合、店舗の経営を任される可能性があります。

そうなると、自分の好きな書籍・雑誌を担当するということではなく、店舗の全体を見なければなりません。

また、アルバイト・パートの教育やシフト管理、店舗の売り上げを伸ばすための経営努力など、人の上に立って仕事をする場面が多くなります。

そのため、リーダーシップを持って店舗をリードする手腕が要求されることもあるということを心に留めておく必要があります。

好奇心旺盛で探究心のある人

書店員になるためには特別な資格が必要であるということはありませんが、自分の好きな分野を中心に多くの書籍・雑誌を読み、他者に語れる水準にまで持っていく必要があります。

書店員は一日の大半を接客に費やします。欲しい書籍・雑誌がはっきりしている人には、その場所を丁寧に教えるだけですみますが、具体的に欲しいものが決まっているわけではない人も書店には多く来店します。

また、プロフェッショナルである書店員に相談して買うものを決めたいという人もいます。そのような人々の要求にどれだけ応えられるかが書店員としての腕の見せ所です。

そのためには日頃から読書をすることはもちろん、客の需要をリサーチし、研究することが重要です。自分の好きな分野はもちろん、好奇心を持って、幅広く読書することが大切であるといえるでしょう。

人と接することが好きな人

前述のとおり、書店員の業務の中心は接客です。会計はもちろん、取り寄せの対応や質問への応対、店内の案内など客のニーズは多岐にわたります。

書店員はそのような声の一つひとつに真摯に向き合い、誠意ある対応をすることが求められます。

ときには自分の勧めたい書籍・雑誌について客の興味を駆り立てるような話をする機会もあります。「人々が買いたい!」と思えるような話ができるように、日々接客のスキルを磨くことが必要です。

体力のある人

文化系のイメージが強い書店員ですが、その一日はほとんど立ち通し。書籍・雑誌の開梱・陳列・整理など体力を要求される場面が実は多いのです。

近距離なら徒歩、電車やバスでは立つなどのちょっとした日常のトレーニングをしておくといいでしょう。

仕事体験談