ラジオディレクターのつらいこと、大変なこと

毎日がネタ探しの日々

テレビに比べて、ラジオはリスナーに寄り添った身近な情報を提供することができます。

世の中で何が流行っているのか?という広い視野でネタ探しをすることも大切ですが、ラジオの場合は地域の情報やリスナーのリクエストに応えて行く必要があります。

ですから、ラジオディレクターは毎日がネタ探しともいえます。アンテナを張り巡らせて、何か面白いネタが転がっていないかと探さなければいけません。

多くのラジオディレクターが、プライベートでどこかに出かけても「これはネタになるかな?」などと考えてしまうので気が休まらないと言います。

番組のネタが決まっている時は安心して毎日を過ごすことができますが、ネタが決まっていないとソワソワしてしまうのが職業病です。

出演者のヒートアップをセーブできない時がある

出演者や話し手の皆さんは、テレビよりもラジオの方が「自由にできる」という感覚でラジオ収録や生放送に挑まれる方が多いです。

そのため、話が盛り上ってしまい歯止めがきかなくなるシーンも多々あります。中には、喧嘩が勃発してしまう最悪のケースも…。

問題発言や放送禁止事項が発生してしまった場合は、番組の現場監督であるディレクターは対応に追われて大変です。

番組の総責任者はあくまでもプロデューサーなので、ディレクターは状況把握とプロデューサーへの説明をする必要があります。

番組が盛り上がるのはとても良いことですが、トラブルになるギリギリのところでディレクターの判断でセーブを掛けなければなりません。

リスナーからの評判が悪いとき

リスナーのために作っている番組なのに、リスナーから評判が悪い時は誰でも落ち込みます。

一度つまらないと感じて離れてしまったリスナーを、もう一度引き寄せる努力をしなければいけません。

自分の番組が受け入れられていない理由を探すのは、つらいものがありますが、そのままにしていては深刻なリスナー離れによって、番組が打ち切りになる可能性もでてきます。

リスナーの反応がダイレクトにわかるのがラジオです。評判が悪いということが嫌でもわかってしまうのは、ラジオディレクターの大変なことの一つです。