入国警備官と入国審査官の違い

どちらも国家公務員

入国警備官と入国審査官は、どちらも法務省に属する国家公務員です。また、両者とも日本に入国する外国人の管理をする仕事ですが、いくつかの違いがあります。

まず仕事内容に関しては、入国警備官はすでに日本国内に不法滞在・不法就労中の外国人をおもな対象とします。

そして裁判官の許可の下で違法調査や摘発を行う、いわゆる「外国人専門の警察官」のような仕事をするのに対し、入国審査官はこれから日本に入国しようとする外国人を相手にします。

入国審査官の一番わかりやすい仕事は、空港でのパスポートチェックでしょう。パスポートやビザ、入国目的などを審査し、入国の可否を決定するのがおもな役目です。

入国可となった場合にも、在留資格や在留期間を定めた上で入国許可を出しています。

入国審査官の仕事

それぞれの職場

入国警備官も入国審査官も、地方入国管理局や出張所などに勤務しています。入国警備官は違反者、もしくは違反が疑われる外国人の調査や摘発、収容、送還がおもな仕事となります。

入国審査官の場合、空港や海港の入国審査ブースで働くことになれば、(違反者ではない)外国人とも日ごろから顔を合わせる機会が多いです。

なるための方法は大きく異なる

入国警備官の場合は独自の採用試験が実施され、採用されると新人時代から入国警備官として経験を積んでいくのに対し、入国審査官はまず「国家公務員採用総合職試験(大卒程度)」や「国家公務員採用一般職試験(高卒者試験)」を受験し、法務省の入国管理局の面接を受けて、入国管理局の職員として採用される必要があります。

そこで一定の経験を積んだのち、入国審査官として任官を命ぜられることで、その仕事に就くことができます。

両者とも語学力や国際感覚、コミュニケーション能力、判断力など、求められるものは近しいところがありますが、入国警備官の場合は時に危険な現場で仕事をする可能性もあり、その分給与面などで多少優遇されています。