庭師の仕事内容

個人宅の庭造り

庭師とは、主に個人宅の日本庭園を造り、手入れをして庭の維持管理をする職人です。樹木や草の特性、日当たり、水の流れなどを考慮し、依頼主との話し合いの上、庭を造ります。

難しいのは、ただ言われた通りの仕事をすればよい、というわけではないことです。

専門家として、樹木や草の特性、土の状態、日当たり、水の流れを総合的に見て、家ごとに適した庭造りのアドバイスもします。

作業の内容としては、大きなハサミで生垣を切ったり、ノコギリで枝を落としたりというダイナミックなものから、雑草の除去など細かいものまでさまざまです。

日の当たり方や季節の変化、枝の生え方などを考慮しなければならないため、どの作業も自然や植物に対する深い理解がなければできません。

また、家の外観を引き立てる、門や塀、車庫を造るエクステリアの仕事も請け負うことがあります。

植木職人は主に植木についてのみの仕事ですが、庭師は枝や葉を切るだけでなく、土に肥料を足す、接ぎ木をする、石を動かす、樹木の病気を確認するなど、庭全体に関わるさまざまな仕事をこなします。

その他の仕事

公園やゴルフ場の緑地部分を造ることも、庭師の仕事です。更地になっているところに、木や草を植えたり、塀を造ったりし、形にしていきます。

公共の施設であるため、多くの人が利用する場所。できあがった施設で遊ぶ人たちの楽しそうな姿を見ることが、やりがいに繋がります。

その他、工場やテーマパークの緑地化も、仕事のひとつです。大きな施設には、「敷地面積における緑地率」が規定されていることが多いため、その緑地部分を意図的に造る必要があります。

さまざまな規制を守った上での作業となるため、難しい仕事ですが、知識や技術が求められる分、完成した際に感じる喜びは大きいでしょう。