海外ツアーガイドの仕事内容

海外でツアー客を案内する

海外ツアーガイドの主な仕事は、日本から海外へ旅行するお客さまの現地での応対や観光案内をすることです。

ツアーコンダクター(添乗員)と似ているようですが、一般的にツアーコンダクターがお客さまの旅の出発から到着までのお世話やスケジュール管理をすることに対し、海外ツアーガイドはあくまでもその土地での「ガイド」を行う役割となります。

しかし、ツアーコンダクターがつかないツアーの場合、現地のツアーガイドは普段添乗員が担うような仕事を任されることもあります。

海外ツアーガイドの仕事内容は、ツアーの行程により「空港とホテルの送迎」「観光案内」「ホテルチェックイン」などに分けることができます。

まずは送迎から

海外ツアーガイドになったばかりの初心者が行う仕事は、お客さまの空港からホテルまでの送迎です。

もちろん、ツアーガイドとして必要な知識に関しては一定の研修を受けますが、デビューしたてのころはお客さまの応対や空港、ホテルの施設などに慣れることが必要であるため、送迎サービスの業務を担当しながら、スキルを身につけていきます。

具体的な仕事の流れは、まず担当するお客さまの現地到着に合わせ、国際線または国内線到着のお出迎えをし、お客さまとそのお荷物を送迎バスに乗せて、宿泊されるホテルへと向かいます。

送迎バスの中では、その国の簡単な説明や、旅程の確認などを行います。ホテル到着後は、お客さまのホテルのチェックインを行います。

ホテルから空港までの送迎

お客さまが日本に帰国される際は、ツアーガイドがホテルから空港までの送迎サービスを行います。担当するホテルに出向き、お客さまのホテルチェックアウトのお手伝いやスーツケースの確認等を行います。

バス内では帰国についての案内、空港内での予定、フライト時間、到着時間、免税のことなどについて説明を行い、空港に到着すれば、お客さまのチェックインのお手伝いをします。

お客さまが無事にゲートに入られ、無事に飛行機が出発するのを確認して、ようやく業務は終わりとなります。

空港で乗り継ぎ便のアシスト

国際線から国内線への乗り継ぎ、または国内線から国際線乗り継ぎのお客さまのお手伝いも行います。

外国語に不慣れなお客さまもいるため、丁寧にサポートしながら、安心して乗り継ぎができるように協力します。

観光案内業務

バスの中や観光地で観光案内をする仕事です。ツアーガイドを必要とするお客さまの大半は観光目的で海外を訪れているため、魅力的な案内をして、お客さまを楽しませることが大切。

まさに、ツアーガイドの腕の見せどころです。

名所の案内、観光地での歴史や文化についての紹介のほか、ガイドブックには載っていないようなお勧めスポットやレストラン、ショッピングなどの情報もたくさん知っておくと、お客さまにはとても喜ばれます。

数泊のツアーガイドも

今は少なくなりましたが、列車の旅や特殊なツアーでは、お客さまと一緒に数泊しながらツアーガイドをすることもあります。