医療事務の勤務時間、休日

正社員の勤務時間

医療事務の勤務時間は、企業勤めと同様に約8時間です。

ただし、勤務の開始と終了時間は病院や診療所の診察時間に準じるため、一般企業の出勤時間に比べて少し早めになります。

病院や診療所の受付開始時間は8時30分、または9時ですから、正社員の場合、出勤時間は受付が開始される30分前の8時〜8時30分くらいになります。

なお、個人病院や診療所の場合、診療の受付時間が長いため、早番・遅番や短時間勤務・長時間勤務、前半勤務・後半勤務などの、シフト制の勤務体制になっているところもあります。

医療事務の仕事では、あまり残業はありませんが、まったくないわけではありません。月末からのレセプト請求期間などは、残業しなければならない場合があります。

契約社員やアルバイトの勤務時間

医療事務が結婚したり、子育てをしながらでも続けられる理由に、勤務時間や出勤日が調整できるという点があります。

医療事務では、正社員の勤務時間は、病院や診療所の診察時間に準じて8時間勤務ですが、契約社員やアルバイトの場合は必ずしも8時間勤務ではありません。

午前中だけ、もしくは午後だけ勤務でOKというところや、週に3日だけの勤務でもOKといった勤務時間や出勤日が調整できる募集も多いのです。

また、契約社員やアルバイトの場合、残業や早出などがないため、子育てと仕事を両立しやすいといえます。。

医療事務の休日

正社員の休日は勤務先の病院・診療所によります。

病院や診療所でも完全週休2日制になっているところも多いのですが、土日も診療を行っていたり、土曜日の午前中は診療を行っている病院や診療所は少なくありません。

このような病院や診療所では、休日は、週末にならなかったり、週休1.5日になります。また、大学病院などでは1ヶ月に6日間休む。4週6休制というところもあります。

4週6休制では病院が休みの日曜・祝日のほかに、月2回の休みを取るシステムで、2回の休みは交替制になっています。その他、4週8休制や月2回週休2日制といった体制の病院や診療所もあります。

医療事務の休日は、調剤薬局の場合は完全週休2日制となっているところもありますが、それ以外では多少不定期になることもあると考えていいでしょう。

仕事体験談