翻訳家の大変なこと、苦労

勤勉さ・責任感が必要
翻訳はその性質上、学問の最先端の分野に携わることも多くあります。まったくの新製品、文化であっても日本ではほとんど知られていないことなどもあります。

該当の分野で不明なところやよくわからない部分があっても、日本語の文献では調べようがないといったケースも出てきます。背景を知らず、正確に理解するために翻訳以前に下調べと勉強に時間がかかったり、一つの単語を明らかにするために何日間もかかったりするケースもあります。

つまり翻訳者の知的能力や言葉のセンスなどがダイレクトに反映されてしまうわけです。読む日本語の対象者に誤った情報を伝えるわけにはいけませんし、医学の分野や機械の操作方法だと時にひどい事故さえも招きかねません。

誤った翻訳をしてしまっては、信用問題やその後の仕事の受注にもかかわってきます。企業に所属していた場合は、その企業の信用さえ傷つけてしまうことになってしまいます。

常に勤勉で勉強を怠らず、文化や言葉のセンスも磨いておく必要があるわけです。これは翻訳家を続けていく限りずっと続きます。

表現・文化の差
翻訳作業はどうしても文化や言葉の差異によって悩まされることがあります。

現在の日本語には大量の英語や外国語がそのまま流入していることがありますが、外国語をそのまま使わないとニュアンスが表現できない、日本語にその概念がないといったことも影響しています。

日本文化の儀礼的な意味合いの話をそのまま外国語に訳すと理解できないと言われたり、誤解を招くときもあります。それは外国文化の特有のことも同じです。

そうした行き違いをなくすために、原文の意味を尊重しながら伝わるように内容を変えたり、意味中心の翻訳をしたりと、そこが翻訳者の腕の見せどころでもあり、苦労するところでもあります。

仕事体験談