演出家に向いている人・適性

演出家にとって大切な独自の世界観や才能は、勉強したからといって必ずしも得られるものではありません。

では、どんな人が演出家に向いているのでしょうか?

何よりも感性が大切

芸術に携わる多くの仕事がそうであるように、演出家にはセンスが必要です。

どんな構図が良いか、どんな間合いが良いか、ある程度のセオリーはあっても演出の見せ方に絶対の正解はありません。

当然、勉強をしただけでは得ることのできない感性が作品の良し悪しを左右することもあります。

自分の世界観をしっかりと持つことは大事ですが、ただ単に自分好みの作品づくりができたとしても、それが観る側に受け入れられなければ自己満足で終わってしまいます。

芸術的なセンスと、作品を魅せる力、想いが伝わる見せ方を持ち合わせていなければ成功することは難しいでしょう。

多くの作品を観たり聴いたりして感性を高める努力も大切だといえます。

タフな身体、不屈の精神、高いコミュニケーション能力

公開が迫ると夜も寝ないで稽古や撮影に挑むこともしばしば。演出家には、ハードなスケジュールに耐えられる体力が必要です。

同時に期待やプレッシャーに耐えられる精神力と強い意志も必要。

また、必然的に人とのかかわりあいも多い演出家のお仕事では、コミュニケーション能力も重要です。

駆け出しのころなどは、人脈や付き合いの幅を広げるべく、飲み会などの参加も多くなります。そのような場をいかに楽しみ、交流を広げられるかがその後の演出家活動にも深く影響してくるのです。

人見知りしない、物おじしない、これらの要素も必要不可欠なもののひとつなのです。

リーダーシップも必要

どんなに自分に才能があったとしても、人を動かす力がなければ演出家としての仕事は成り立ちません。

役者から照明、美術など作品づくりに関わるすべてのスタッフからの信頼を得ることがとても重要なのです。

たくさんの人が関わる現場では、意見のくい違いなどは当たり前のようにありますが、それをまとめるのは制作現場のリーダーともいえる演出家の仕事です。

自分の世界観に自信を持ち、人を巻き込む力やカリスマ性を持っている人物。

多くの有名演出家にはそのような資質が備わっています。