女性のコラムニスト

女性コラムニストの生活

コラムニストは学歴や経歴によって判断されることの少ない職業のひとつであると考えられます。

また男性であるか、女性であるかといった違いも問題になることが少ないため、専門職としては比較的女性の割合が高いかもしれません。

とくにブログやSNSなどのデジタルツールを活用してコラムニストになる人が増加しており、主婦業やパートのかたわらで副業としてコラムを執筆する女性が数多く見受けられます。

あるいは専業であれ、副業であれ、女性コラムニストは家事や子育てを行う場合が多いと考えられます。さまざまな作業の合間のような短い時間でコラムを執筆する生活をおくっている人が多いでしょう。

女性コラムニストの特徴

コラムニストが執筆する対象は多岐にわたり、あらゆる事象がコラムのネタになりますが、女性ならではの生活に密着したコラムは気軽に読むことができるうえにためになりますから、非常にたくさんの需要があります。

核家族化が進み、家事や子育てにおいて主婦が孤立しがちな側面もありますので、同じ女性の目線で女性ならではの心情を執筆することで人気のコラムニストとなる人もいます。

こうした女性コラムニストの場合、一般的な生活をおくればおくるほどコラムのネタになるような物事に出くわし、そのまま記事にすることで共感を得ることができます。

もちろんコラムニストならではの目のつけどころは必要ですが、通常の生活を過ごしながらコラムのネタを考えることができる点は、女性コラムニストならではのメリットといえるでしょう。

女性コラムニストの大変なこと

男性と女性のあいだにほとんど差がない職業とはいえ、女性コラムニストのみが必ず直面する問題があります。それは結婚と出産です。

結婚と同時に家庭に入ってほしいというご主人の希望で、たとえ家事の合間であっても仕事を継続できない人もいます。また家事の合間の副業だったはずが、コラムの執筆に熱が入り、家族との生活に支障が出るおそれもあります。

あるいはコラムニストという職業に理解のあるご家族であっても、子どもを出産し、育児が始まると、独身時代の仕事量を継続することは難しくなります。

ほとんどの女性コラムニストの場合、出産を機に仕事量を減らしたり、一時休業したり、なんらかの変化が生じます。

男性コラムニストであれば、子どもを授かる際もとくに仕事上はなにも変わらないはずですから、その点は女性コラムニストならではのデメリットであるといえるかもしれません。

ただしいったん休業したとしても、子どもが成長すれば、またコラムニストとして復帰することはできます。

生活に応じて仕事量を調整しながら、断続的にでも長く働くことができる点は、逆にメリットであるということになるでしょう。