バス運転手の現状と将来性

会社によって働きやすさに大きな差がある

バス運転手といえば、朝は早くて夜は遅い、長時間拘束を強いられる大変な仕事と思われることが多いようです。

実際、バスの運転は非常に神経を使ううえに、お客さまからのクレーム対応など、業務中は神経を使う場面が多々あります。働いてみれば、きついなと感じることもあるかもしれません。

しかし、多くの乗客の命を預かる責任ある仕事であることは間違いありません。

どれだけ大変な状況でも、お客さまを無事に目的地へと送り届けることに誇りとやりがいを感じ、がんばり続けている人がたくさんいます。

とはいえ、「激務なわりに給料が見合わない」「精神的にストレスが大きい」などの理由で、比較的早くに現場を離れてしまう人がいるのも事実です。

バス会社は全国にたくさんあるため、会社によってだいぶ労働環境は異なるようです。一社で長く働くことを考えれば、就職前に会社の雰囲気や待遇をよく調べておいたほうがよいでしょう。

バス業界を取り巻く変化

近年は、バス業界もさまざまな変化が起こっています。

たとえば近年、高速バスにおける死亡事故という痛ましいニュースが話題になりました。これは、運転手の過労による居眠り運転が原因とされています。

そして、こうした事故を機に高速バスの安全管理が見直されるなど、バス運転手の労働環境は少しずつ改善されているようです。

また、バス運転手の高齢化にともなう人材不足も、この業界の大きな課題のひとつです。

今後は、女性の積極的な採用や、人材定着率の増加など、各社とも新しい取り組みを行っていくことが予想されます。

人々に必要とされ続ける仕事

バスは、電車やタクシーなどと同様、人々の移動手段のひとつとして必要とされています。

地域住民の足となる路線バスはもちろん、シニア層向け観光バスのツアーも多様化していますし、近年は電車が通っていない地域におけるコミュニティバスが普及するなど、バス運転手の活躍のチャンスは広がっているといえるでしょう。

今後もバスがなくなることは考えにくく、健康でありさえすれば定年まで、あるいは嘱託としてそれ以上の年齢まで働ける仕事であることから、一度免許を取得して技術を身につければ安定的に働けるといえるでしょう。技術があれば転職もしやすくなります。

ただし、バス運転手は経験や年齢とともに年収は少しずつ上がっていくものの、劇的な収入アップは期待しにくい仕事ともいわれています。

会社によってボーナスの支給状況や待遇は異なりますので、就・転職の際はよく比較して選ぶようにしたいものです。