バス運転手の資格

大型二種自動車運転免許が必要

バスの運転手として働くには、「大型二種自動車運転免許」が必要です。

この免許は、バスなどの大型車両にお客さまを乗せて運賃をもらう場合に必要な運転免許で、取得のためには普通自動車免許とは別の試験を受けて合格しなくてはなりません。

大型二種自動車免許の受験資格は、「21歳以上で、普通自動車免許か大型一種自動車運転免許、もしくは大型特殊自動車免許の取得後3年以上が経過していること」となっています。

受験資格自体はそこまでハードルが高くありませんが、試験科目は「適性試験(視力、色彩能力、深視力、聴力、運動能力)」「学科試験」「技能試験」の3種類で、合格率はわずか10%程度です。

乗客の命を預かるという責任ある仕事に就くための免許であるだけに、採点基準はかなり厳しいようです。

とくに一回目の試験で合格する可能性は極めて低いといわれており、しっかりと勉強をして試験に臨まなければ合格は難しいでしょう。

なお、路線バス、高速バス、夜行バス、観光バス…いずれのバスの運転手として働く場合にも、この免許は必須となります。

免許がなくてもバス運転手になれる?

多くのバス会社では、運転手の採用条件として「大型二種自動車運転免許を所持していること」を掲げています。

しかし、一部の会社においては入社時にこの免許がなくても採用後に自社で研修を行い、免許取得を支援する体制をとっているようです。

このような会社であれば、未経験や、免許がない状態からでも立派なバス運転手を目指していくことは十分に可能だといえます。

ただし、なかにはバス運転手としての実務経験が求められる会社もありますし、最低限、普通自動車免許の所持は必須としているケースもしばしば見受けられます。

バス運転手を募集している会社はたくさんありますが、求人情報を探す際には、各社の応募資格をよく確認しておきましょう。