バス運転手の勤務・労働時間・残業・休日

勤務時間は会社や乗務するバスによって異なる

バス運転手の勤務時間は、勤め先となるバス会社や、どのようなバスに乗るかによっても異なります。

路線バスであれば、早朝の始発から夜の終車まで細かくダイヤが決められているため、運転手はそれに合わせてシフト勤務を行います。

だいたい3〜4交代制となっていることが多く、始発から午前中の勤務、日中の勤務、午後から終車の勤務といった勤務区分でシフト表に沿って働くのが一般的です。

勤務中は1時間半〜2時間程度運転し、小休憩を挟み、また運転…といった形を繰り返すことが一般的です。労働時間は、4週間を平均して週38時間45分となっています。

貸切バス運転手の場合は、バス会社によって異なりますが、1日の実働7時間30分〜8時間程度のシフト制となっているところが多いようです。

残業はある?

バス運転手は、基本的に事前に決められた時間帯で働きますが、道路混雑や増発などがある際には、残業しなくてはならないこともあります。

また、始発に間に合うように前日から営業所に泊まって勤務することもあります。

貸切バスの場合、残業を含めた勤務時間はとくに多くなりがちといわれています。

日帰り観光ツアーの場合、朝7時頃にお客さまを迎えて18時ごろに解散というスケジュールは一般的ですが、渋滞に巻き込まれて営業所に戻るのは深夜ということもあります。

休日は不規則になりがち

バス会社の休日は、4週8休が基本となっています。会社によって異なりますが、月に6日〜8日程度の休みがほとんどのようです。

ただし、シフト制勤務がほとんどであること、またバスは土日祝日も関係なく動くことから、運転手の休日は不規則になり、平日休みとなることもよくあります。

有給休暇もありますが、繁忙期に連休を取るのは難しいでしょう。そのほか、会社によって夏季休暇、慶弔休暇、育児休業などの休暇制度があります。