女性のバス運転手

男女の区別なく活躍できる仕事

「バス運転手は男性の仕事」そう思っている人も多いかもしれません。

しかし、実際には女性でもバス運転手として活躍している人はおり、その比率も徐々に高まっているといわれます。

バス運転手として働くにあたって、男性と女性で仕事内容を区別されることはありません。必要となる免許も、男性と同じく大型二種自動車運転免許です。

きちんと技術を身につければバスの運転は女性でも問題なくできますし、男性と同じようにスキルアップしていくことができます。

運転手の高齢化が進み、人材不足に悩むバス会社が増加傾向にあるなか、若い女性をどんどん採用し、自社で育成する会社は今後も増えていくだろうといわれます。

女性にとって働きやすい会社を探す

とはいえ、現状は運転手のほとんどが男性という中に、女性ひとりで入っていくのは誰だって不安です。

もし、女性でこれからバス運転手になってみたいと考えている人がいたら、積極的に女性を採用している会社を探してみるとよいでしょう。

そのような会社では、各社のホームページでも女性運転手の活躍ぶりを見ることができます。

また、福利厚生や待遇の内容もよく確認しておきたいものです。

結婚・出産後の女性が働きやすいように勤務体系に柔軟性を持たせていたり、社内では女性用の更衣室やトイレをきちんと整えていたりする会社であれば、女性でも安心して長く働き続けやすいでしょう。

女性の温かさが信頼につながることも

バスを利用するお客さまたちも、まだまだ女性運転手を見ると「珍しい!」という反応をするのが普通のようです。

最初は驚かれてばかりかもしれませんが、お客さまからの反応を力にして活躍することができます。

女性が優しく車内アナウンスをすればお客さまから安心してもらいやすいですし、とくに小さな子どもやお年寄りにとっては、運転手が女性というだけで安心感が大きいという声も聞かれます。

お客さまから「がんばってね!」と声をかけてもらえることも多く、きっとやりがいを感じられるはずです。