スポーツインストラクターの働き方の種類とその特徴

スポーツインストラクターとして働けるのはおよそ20代~30代ごろです。

そのため正社員としての採用は狭き門となっており、契約社員・アルバイトなどさまざまな形で働いています。

この記事では、スポーツインストラクターの働き方の種類とその特徴について解説します。

スポーツインストラクターの雇用形態

スポーツインストラクターの主な働き方
  • 正社員
  • 契約社員
  • アルバイト・パート
  • フリーランス

スポーツインストラクターには、正社員・契約社員・アルバイトなどさまざまな働き方があります。

近年は契約社員やアルバイトなどが中心となり、正社員への採用は狭き門といわれています。

なかにはフリーランスとしていくつものフィットネスクラブやスポーツジムを掛け持ちしている人もいます。

正社員のスポーツインストラクター

正社員のスポーツインストラクターの場合、フィットネスクラブやスポーツジムの社員として働きます

スポーツインストラクターとして人気がでたり、専門的な資格を取得したりすると、次第に昇給していきます。

一般的なサラリーマンと比べると高給が見込めるという職業ではありませんが、スポーツが好きという理由で働く人が大勢います。

ただし年齢を重ねてスポーツインストラクターとして現場で働き続けるのは難しいため、なかには、スポーツトレーナーに転身したり、事務職や管理職など別な部署に異動したりして会社に残ったりする人もいます。

契約社員のスポーツインストラクター

契約社員は、1年や半年など期間を限定して雇用関係を結びます

仕事内容は契約先のクラブによって違い、利用者への指導に限られるところもあれば、社員と同等の仕事を任されるところもあります。

契約社員の場合、年収は社員より低くなり、また社会的な手当やボーナスもないことが多いです。

さらに1年や半年ごとの契約となるため、人気が出なかったり仕事ぶりが認められなければ契約も更新されないというシビアな雇用形態です。

アルバイト・パートのスポーツインストラクター

アルバイトは、たいてい仕事内容は利用者への指導に限られ、報酬は時給で支払われます

時給は経験や人気、あるいは勤務日や時間帯などによって800円から2000円程度となっています。

近年は経費削減のため、フィットネスクラブやスポーツジムでは契約社員やアルバイトの雇用が増えています。

ただし、契約社員やアルバイトから、社員に採用されることも少なくありません。

フリーランスのスポーツインストラクター

フィットネスクラブやスポーツジムで、スポーツインストラクターとして働けるのはだいたい20代から30代までです。

それ以降も続けるには、よほど人気が出るか、フリーとして独立するかのどちらかになります。

きちんとした収入を得るためには、他のインストラクターにはない指導方法や楽しい指導方法などを考え、人気を集めていくことが大切になります。

フリーのインストラクターが生活をするには、いくつものフィットネスクラブやスポーツジムを掛け持ちしないと難しいため、生き残っていくには都市部でなければ難しいのが現状です。

集客力がそのまま収入に響き、お客さんが集まらなければ時給も下がる厳しい世界ですが、自分のペースに合わせて働け、他の仕事とかけ持ちをしたり、家事や育児と両立したりしながら働くことも可能です。

スポーツインストラクターの働き方の種類のまとめ

スポーツインストラクターには、正社員・契約社員・アルバイトなどさまざまな働き方があります。

なかにはフリーランスとしていくつものフィットネスクラブやスポーツジムを掛け持ちしている人もいます。

フリーのインストラクターが生活をするには、いくつものフィットネスクラブやスポーツジムを掛け持ちしないと難しいため、生き残っていくには都市部でなければ難しいのが現状です。