社会保険労務士の就職先の種類・活躍の場

社会保険労務士事務所や法律事務所での活躍

社会保険労務士の活躍の場は、大きくわけると「社会保険労務士事務所や法律事務所」「企業」「独立開業」があります。

ここでは、それぞれの働き方の違いについて見ていきましょう。

1つめの活躍の場は、全国の社会保険労務士事務所や法律事務所などです。

法人・個人を相手に法律に関する相談にのったり、指導をしたりするのが仕事になります。

相談内容は、賃金体系のことから労災のこと、年金のことまで多種多様です。

とくに社会保険労務士事務所は社会保険労務士の代表的な就職先といえますが、求人数は多くはないため、資格があるからといって簡単に就職できるわけではありません。

社会保険労務士の仕事内容

企業やコンサルティング会社での活躍

次に、企業の総務部や人事部、もしくはコンサルティング会社での活躍について見ていきましょう。

まず企業の総務部や人事部に就職する場合は、社会保険労務士ならではの専門知識を生かして、給料や健康保険料の計算、福利厚生の仕組み作りなどにたずさわることができます。

企業にとっても社会保険労務士の資格を持つ社員が総務部や人事部にいることで、外部から社会保険労務士を雇う必要がなくなりコストダウンにつながります。

そのため、事務職の社員を募集する際には「社会保険労務士の資格取得者」を積極的に雇う企業もあり、資格保有者には毎月の給料にプラスして資格手当てがつく場合もあります。

ただし、企業が社会保険労務士を募集する場合は「単に資格を持っているだけ」では就職が難しく、実務経験が求められるケースが多いようです。

また、企業の総務部や人事部以外にも、コンサルティング会社で活躍する社会保険労務士も少なくありません。

顧客企業が抱える「人事や労務の問題点」を分析して適切なアドバイスをおこなうことで、雇用に関するコストを見直したり、社会的な信頼が得られる雇用体制を構築する手助けをします。

このように、社会保険労務士は「企業の経営」に間接的にたずさわることも可能な職業です。

独立して働く人も

社会保険労務士の資格を取得し「全国社会保険労務士会連合会」に社会保険労務士として登録したあとは、企業で勤めるだけではなく独立して働くことも可能です。

ただし、年金関係や労働保険関係の法律は非常に複雑であるため、実務経験がないまま個人で仕事をするのは極めて難しいといわれています。

そのため、まずは企業や社会保険労務士事務所に就職して仕事のノウハウを学び、人脈を作ってから独立する流れが一般的です。

独立して働くことで「自分の裁量で仕事ができる」「企業で働く以上の高収入を狙える」などのメリットがありますが、当然開業したからといって自然に仕事が舞い込んでくるわけではありません。

社会保険労務士として独立開業を目指す場合には、継続的に仕事を獲得できる「営業力」も身につける必要があるといえるでしょう。