介護福祉士の勤務時間・休日・仕事は激務?

介護福祉士の勤務時間

施設で働く介護福祉士の勤務時間

福祉施設では介護を24時間必要とするような介護度が重度の利用者が多いため、そこで働く介護職員は24時間交代で働きます。

「日勤」と「夜勤(当直)」のシフト制勤務が一般的ですが、施設によっては「早番(早出)」や「遅番(遅出)」が入ることもあります。

介護士の人数が足りていないところでは、ハードな労働環境となることを覚悟しておく必要があります。

日勤では、一般的な企業で働くのと同じように朝に始まり夕方終業です。

夜勤は、施設の夕食時間が始まる頃に仕事に入り、翌朝までの仕事となります。

訪問介護やデイサービスで働く介護福祉士の勤務時間

デイサービスでは利用者が通所するため、介護福祉士は施設のような夜勤はなく、日勤業務のみです。

訪問介護事業所に勤める介護福祉士では、サービス提供責任者(主任ヘルパー)の仕事は、朝から夕方までが一般的です。

ただし、万が一の際や救急の対応をしなければならないため、常に会社の携帯電話をオンにして24時間の対応をするところが多いようです。

訪問介護員(ホームヘルパー)として働く場合、非正規の雇用が多く基本的には自分の都合のよい時間帯で働くので、定時にとらわれず働く人が多いようです。

介護福祉士の休日

介護の仕事は、土日や祝日だからといって休みになるわけではありません。

利用者の多くは365日常に介護サービスを必要とするため、介護福祉士も決まった休日をとるわけではなく、スタッフが交代でとることが一般的です。

勤務先によって、固定の曜日が休みになることもあれば、不定期となることもあります。

自分が希望する日を休みにすることができたり、他のスタッフとの調整で連休をとったりすることもできますが、人手不足の職場ではなかなか長期の休みをとるのは難しいようです。

介護福祉士の残業時間

介護福祉士は、定時が来たからと言ってすぐに仕事を終了できることはほとんどありません。

終業時間が来ても利用者の介助・介護をしていた場合は最後まで責任をもって終わらせなくてはなりませんし、実際の介護の仕事以外にも、多くの書類を作成する必要があるため、定時で仕事を終えてからこうした事務作業をすることも少なくありません。

なかにはサービス残業が常態化している職場も多く、介護福祉士も責任感からつい残業をしてしまう人が多いようですが、働きやすい環境をつくっていくためには過度のサービス残業には気を付けなくてはなりません。

介護福祉士に夜勤はある?

施設や24時間サービスの訪問介護で働く場合は、夜勤も発生します。

夜勤の場合は夕方出勤し、日勤者から昼間の利用者の状態など申し送りを受け、仕事を開始します。

施設の夜勤の場合は仮眠をとったり休憩時間を設けたりしていますが、夜勤は介護に従事するスタッフの人数が日勤よりも限られているため、日勤よりも忙しく働くことも多いようです。

どうしても不規則な生活になってしまうことや夜勤手当がもらえることから、施設や訪問介護では、夜勤のみで働く介護福祉士もいるようです。

介護福祉士は忙しい? 激務?

給料や待遇に対する不満

介護福祉士の仕事は激務であることに加え収入が少ないことに不安を持つ人は多いようです。

身体介護が必要な利用者を介護するのは非常に体力を使いますし、夜勤で介護をする介護職員の仕事は激務であるといえるでしょう。

夜勤のないデイサービスの仕事は身体的には楽ですが、夜勤手当がないため収入は激減します。

どの介護の職場でも介護福祉士の仕事は人の生活を支える仕事なので、責任ある分、やりがいを感じるものですが、現実ではそれに見合った給与と待遇とはいえないのが現実です。

身体や精神に負担が大きい

介護福祉士は夜勤を含めたシフト勤務が多いため、どうしても不規則な生活で身体的に負担が大きくなります。

また、365日介護を必要とする人がいれば仕事を休むことはできないため、世間の土日や長期休暇と関係なく働かなくてはなりません。

人手不足の職場が多く、有給なども自由に取得できないことが多くいようです。

こうした環境の中、身体や精神に負担がかかり仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

介護福祉士の休日の過ごし方

介護福祉士は身体や精神に負担の多い仕事のため、休日はゆっくり体を休めるという人が多いようです。

介護で無理をすると、腰痛など身体を痛める原因にもなるため、身体のメンテナンスをしたり、趣味などに時間を使い上手くストレス発散をしたりして、心身共にリフレッシュする人がほとんどです。

介護福祉士の1日のスケジュール・生活スタイル

東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪の介護福祉士が活躍する職場にはハードな労働環境の施設もあれば、日勤のみ、完全週休二日制としている働きやすい施設も存在します。

待遇の良い施設の求人は非公開のことも多いため、きらケア正社員などの介護専門求人サイトに登録して情報を得られる環境を整えましょう。