居酒屋店長の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

居酒屋店長の勤務時間は、勤め先や働き方によってだいぶ変わってきます。

基本的には営業時間に準じた形で勤務時間が決まりますが、1日の実働は8時間程度となっています。

たとえば17時~翌朝5時までの営業時間の店であれば、早番で入る日は開店準備も含めて15時に出勤し、24時に退勤。遅番で入る日は、21時に出勤し、営業後の片付けをして翌朝6時に退勤といった形が一般的です。

しかし、なかには開店から閉店まで「通し勤務」を求められる会社もあるようです。

人手不足の店では、実際12時間~15時間程度の拘束時間で働いている人もいるようです。

一方、個人経営の店では18時頃に開店し、日が変わる頃には閉店というところもあります。

店舗によって、決められている勤務時間や、労働時間の実態はだいぶ異なるようです。

休日

居酒屋は、定休日を設けている店もあれば、年中無休で営業している店もあります。

定休日を設けている場合は、その日が店長の休日となります。

日曜日や祝日を休みとしているところが多いようですが、立地条件などによっても異なります。

年中無休の店であれば、スタッフは交代で休みをとることになり、店長の場合は月に6日~7日程度の休みとなることが多いようです。

このほか、有給休暇、また夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇などの各種休暇制度が整っているかどうかは、勤め先によって異なります。

残業

居酒屋店長の残業時間は多くなりがちなようです。

一般的に、大手企業であれば労働条件がよいと思われがちですが、実際には大手のチェーン居酒屋でも100時間以上のサービス残業をしている店長が存在するようです。

しばしば「飲食業界はブラック」といわれますが、居酒屋は日本全国に数えきれないほどあり、店によって状況はさまざまです。

なかには、所定の労働時間を超えて働いている人も存在すると考えておいたほうがよいかもしれません。

なお、最近は居酒屋店長の過酷な労働環境が社会問題として取り上げられるようになっており、少しずつ状況を改善する動きが強まっています。

残業した分はすべて手当が出たり、きちんと休みを取れたりする職場もたくさんありますから、居酒屋店長のすべてが厳しい環境で働いているわけではありません。