女性の居酒屋店長

女性でも活躍できる仕事

居酒屋というと、一般的には男性の仕事と思われがちかもしれません。

しかし、実際には居酒屋で働く女性スタッフの姿もたくさん見ることができますし、最近では女性社員が店長へ昇格し、活躍するケースが目立つようにもなってきているようです。

大手チェーンでも、女性店長の店舗が大きな売上を上げている例もあるなど、いまや居酒屋は男性、女性関係なく活躍できる仕事になっているといえるでしょう。

居酒屋は体育会系と思われがちですが、店によって個性はまったく異なり、なかには落ち着いた雰囲気の店も存在します。女性にとっても働きやすい店はたくさんあるといえるでしょう。

仕事は厳しい面もある

しかし、居酒屋店長の仕事は決して楽なものとはいえません。

飲食の仕事はサービス業であり、さまざまなお客さまと接するなかで気疲れすることもあるでしょう。

とくに店長ともなれば、アルバイトスタッフのミスによるクレームやトラブルが発生すれば、責任をもって対応しなくてはなりません。

酔っぱらって絡んでくるお客さまにも、適切な対応をする必要があり、ストレスが溜まるのは確かです。

また、長時間勤務になることや、なかなか休みがとれなかったりすることもあります。そして、営業時間中は休む間もなく動き回っていなくてはならず、体力も要する仕事です。

こうした面については、女性であるとなおさら厳しいと感じてしまうことがあるかもしれません。

女性ならではの感性が生かせる場面も

しかし、先にも述べた通り、女性店長の活躍によって店が繁盛している例も複数あります。

お客さまに対するきめ細やかな気遣い、アルバイトスタッフのフォローなど、女性ならではの温かさや優しさを存分に発揮することで、魅力的な店を作り上げている店長もいるようです。

自分で居酒屋を開業し、多くの常連さんをつけて、経営者としてもイキイキと働いている女性店長もいます。

居酒屋の仕事をしたいという情熱さえあれば、男女関係なく思いきり働くことができるといえるでしょう。