フランチャイズの居酒屋店長とは

フランチャイズとは?

飲食業界でよく使われる「フランチャイズ」という言葉。

これは、店を出したいと考えるオーナーがお金を出してフランチャイズに加盟することによって、本部の看板やメニューを利用して開業できる権利が与えられるといったビジネスモデルになっています。

「のれん分け」という風に呼ばれることもありますが、居酒屋でもこのフランチャイズを利用して独立開業をする例は多々あります。

その場合、オーナー兼店長として働くことが一般的ですが、多店舗展開して複数の店のオーナーになると、別の店長を雇うことになるでしょう。

フランチャイズのメリット

未経験でも開業しやすい

フランチャイズの場合、自分でイチからすべてを考えるのではなく、本部の看板を背負って店を出すことになります。

また、基本的にメニューも本部で決まっており、オペレーションについてもマニュアルができています。

したがって、飲食業界の経験がない人や、経営ノウハウがないという人にとっても開業のハードルは低く、効率よく開業できるといえるでしょう。

経営サポートしてもらえる

店を出すとなれば、お客さまを集めるために宣伝や広告をしなくてはなりませんが、フランチャイズではそうした点も本部が手伝ってくれます。

また、ブランド力や知名度がある状態で開業できるため、それも強みとなります。

開業後も多様なサポートを受けることができ、営業に集中しやすい環境が整っているといえます。

フランチャイズのデメリット

お金がかかる

フランチャイズに加盟する場合、最初に数百万円程度の「加盟料」と、月々の売上に応じた「ロイヤリティ」というものを本部に支払わなくてはなりません。

当然、個人で店を出す場合にはこうした費用はかかりません。

場合によっては、まったく儲からないという可能性も出てきます。

自分の好きなようにはできない

店を長くやっていると、どうしても自分でこうしたいという考えが出てくるものです。

しかし、フランチャイズはあくまでも本部のマニュアルに沿って営業しなくてはならないため、思い通りにできないことにもどかしさを感じることがあるかもしれません。