【2021年版】飲食店社員に必要な資格、スキル

飲食店で働くのにおすすめの資格は?

飲食業界は未経験者も歓迎する傾向にあり、特別な資格は必要ありません。

就職後に経験を積み、スキルを高めていける業界ですし、必要があれば会社の補助をうけて、資格取得に挑戦できることもあります。

飲食店店員の調理スタッフに有利な資格

調理師

調理師免許は、資格を取得した人のみが名乗ることができる国家資格です。

調理師資格がなくても調理に関する資格をすることはできますが、飲食店で働くには調理師免許取得者を取得していると有利になる可能性があります。

調理師の資格を取得するためには、専門学校などの調理師養成機関を卒業するか、実務経験を2年以上積んでから調理師試験に合格することで得られます。

調理師の仕事

製菓衛生士

いわゆる「パティシエ」になる際に有利な資格で、お菓子やケーキ作りに関する基本的な知識や技術、食の安全に関する知識を身に付けていることを認定します。

そのほかには「菓子製造技能士」「食品衛生責任者」などがあります。

パティシエの仕事

ソムリエ・バリスタ

ワインやコーヒーなど、に関する専門的な資格です。

このように、その店に合った資格やスキルを持っていると即戦力として優遇されるでしょう。

ソムリエの仕事
バリスタの仕事

飲食店店長に有利な資格

飲食店には必ず「食品衛生責任者」の資格を有する人を置かなければなりません。

飲食店の社員で出世を考えるならば、遅かれ早かれ取得することになるでしょう。

転職や独立の際にも必須の資格であるため、入職後一番に取得を目指したい資格です。

食品衛生責任者資格は約6時間の講習を受講すると取得できます。

講習会を修了すると修了証が交付され、修了証は、開業や食品衛生責任者の変更の手続き等の際に、行政機関ヘ提示しなくてはなりません。

また、収容人数30人以上の店舗の場合は「防火管理者」の資格を持っている人を置く必要があるため、あわせて取得しておくことをおすすめします。

飲食店店員のホールスタッフに有利な資格

語学に関する資格

飲食店に勤めていると外国人を相手にすることも非常に多いです。

ホールスタッフなどを務める際に、語学力を発揮することができれば、非常に役立ちます。

飲食業界で働く際には、学生時代に語学のスキルを高めておき、英検やTOEICをはじめとした資格を取得しておくと、大いにアピールすることができるでしょう。

さらに飲食業の場合、海外で事業展開しているところも多いため、海外へ活躍の場を広げることにもつながります。

接客に関する資格

接客に関する資格には、「接客サービスマナー検定」「サービス接遇検定」「レストランサービス技能検定」などがあります。

どの資格も、ビジネスマナーをはじめ、接客の具体的な内容など、基本的な接客能力を認定するものです。

とくに「サービス接遇検定」は、文部科学省の後援を受けており、「顧客心理の理解」「サービスに対する心構え」など、より専門的な知識が身につくのが特徴です。

また、「レストラン」サービス技能検定」では、「公衆衛生」「知識」「安全管理」やテーブルマナーなど、あらゆる知識が問われます。