DTPオペレーターとDTPデザイナー・グラフィックデザイナーの違い

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

仕事内容の違い

DTPオペレーター

デザイナーが考えたデザインや指示に基づき、印刷物を作るためにパソコンで専用データをつくることがDTPオペレーターの役割です。

基本的にDTPオペレーターは自らデザインをするということはあまりありません。

DTPデザイナー

DTPとは、英語の「Desk Top Publishing」の略であり、もともとはパソコンによって出版物を制作するという意味合いがあります。

雑誌、書籍、広告、ポスターといった各種印刷物のデザイン・レイアウトをし、印刷するためのデータを作成します。

DTPデザイナーの仕事

グラフィックデザイナー

グラフィックとは、情報の伝達を目的とした視覚表現のことを意味しており、平面でのデザインを行う仕事です。

グラフィックデザイナーの守備範囲は雑誌、書籍、広告、ポスター、パッケージなど多岐にわたり、それらのデザイン・レイアウトや編集を行って、印刷や出版の入稿ができる状態までのデータを制作します。

グラフィックデザイナーの仕事

定義はあいまい

ひと昔前では、グラフィックデザイナーはイメージを手書きで起こし、それに基づいて、DTPオペレーターがパソコンを用いて印刷会社に入稿できるデータに仕上げるという流れでした。

しかし、パソコンが身近なツールになるにつれ、グラフィックデザイナーもパソコンでデザインイメージを起こすようになり、2つの職種の線引きはあいまいになっています。

また、インターネットの普及に伴い、Webデザイナーという新たな職種が誕生しました。

それをきっかけに、両者を区別するために、インターネット媒体のWebデザイナー、印刷媒体のDTPデザイナーと呼ぶようになりました。

よって現在では、パソコンを使用するか否かに関わらず、デザインを行うのがグラフィックデザイナー、パソコンを使ってデザインするのがDTPデザイナーであり、両者の違いがなくなってきているといえます。

印刷媒体以外でもさまざまな場で活躍できるグラフィックデザイナーの方が、活動範囲は広いといえるでしょう。

一方で、DTPデザイナーの経験を生かし、グラフィックデザイナーへスキルアップするという人も少なくありませんし、DTPオペレーターを設けていない会社では、DTPデザイナーがその職務を兼ねることも多いです。

一般的な制作の流れ

現在、一般的な印刷物の制作の流れは以下のようになっています。

1.紙面のイメージが伝わるくらいまでのラフデザインをグラフィックデザイナーまたはDTPデザイナーが起こしてクライアントに提案し、必要があれば修正を加えて、制作開始の了解を得ます。

2.DTPオペレーターにバトンタッチし、コピーを流し込む、フォントを選ぶ、写真やイラストを配置するなどの作業を行います。

3.デザイナーをはじめとする制作スタッフのチェックを受けて、DTPオペレーターが修正を繰り返した後、クライアントに提出します。

4.クライアントからの指示を受けてさらにDTPオペレーターが修正を加え、最終的には印刷会社に入稿できるデータに仕上げます。