アクチュアリーの採用の状況は? インターンはある?

アクチュアリーの就職先にはどんなところがある?

アクチュアリーの多くは生命保険会社・損害保険会社・信託銀行などの金融機関で正社員として働くことが多いです。

新卒採用からアクチュアリーとして働きたい人向けの枠が用意されている会社もあり、入社後すぐにアクチュアリーとして働きながら、資格取得の勉強を始めることができます。

アクチュアリー資格は全部合格して正会員になるまで8~10年ほどかかるため、新卒として入社するタイミングではアクチュアリー資格は必須ではなく、働きながら資格取得を目指す人が多いです。

それぞれの職務に合わせて、生保アクチュアリー、損保アクチュアリー、年金アクチュアリーと専門性を身につけていきます。

アクチュアリーの勤務先の企業の種類・活躍の場

アクチュアリーの求人の状況

日本国内において、アクチュアリーは近年急速に需要が高まっているものの、まだまだ人数が少ないため、常に求人募集をかけている企業も少なくありません。

日本アクチュアリー会の正会員になるまでには何年もの時間がかかるのが普通であり、各企業ではより優秀なアクチュアリーを求め、募集を行う傾向にあるようです。

ですから就職先を見つける場合は、まずアクチュアリー資格試験の科目に一つでも多く合格していることが有利になってきます。

さらに生命保険会社や損害保険会社、銀行などアクチュアリー関連業務の経験があることもプラスになりますし、応募資格として、これらの条件が掲げられているケースも多いです。

最近、アクチュアリーの活躍の場は広がっており、保険会社や信託銀行だけではなく、さまざまな企業がリスク管理などの職務に期待してアクチュアリーを採用するようになってきました。

アクチュアリーの就職先の選び方

「アクチュアリー候補生」枠のある企業を選ぶ

新卒生がアクチュアリーを目指す場合、生命保険会社、損害保険会社、信託銀行などが代表的な就職先となるでしょう。

これらの多くでは、「総合職」といった職種とは別で「アクチュアリー候補生」採用を実施しており、まずはその枠に入ることがアクチュアリーになる近道といえます。

なぜなら、アクチュアリー業務を行う職場に配属されると、仕事を通じてアクチュアリーとしての基本を身につけられるばかりではなく、試験対策講座の受講費を会社が負担してくれたり、合格科目数によって特別手当が支給されたりするなどの待遇が用意されている場合が多いためです。

そのため、アクチュアリーになりたいのであれば、アクチュアリー枠が用意されている企業に就職することがアクチュアリーへの早道となります。

アクチュアリー候補枠に採用されるためには?

ただし、この枠は決して大きくないうえに優秀な学生がこぞって集まるため、戦いは厳しいものとなるでしょう。

学生のうちにアクチュアリー資格試験に1科目でも合格しているとベターですが、合格は必須ではないとしている企業も多いようです。

基本的に大学名や学部、専攻等は問われないものの、実際アクチュアリーを目指す人は、一流大学出身者が多いといわれます。

一般的に、面接以外に数学の筆記試験が実施されるため、ある程度の数学的能力がなければ合格は難しいでしょう。早い段階でアクチュアリー資格試験の内容を確認し、一度でも挑戦しておくことに越したことはありません。

アクチュアリーの志望動機・面接

アクチュアリーは、理系の人にとっては大学や大学院で勉強した数学の知識を生かせる魅力的な仕事であり、実際、その知識を生かしてお客さまに喜んでもらえる商品を作りたいと思い志望する人が多いです。

しかし、アクチュアリー業務は数学ばかりをしているわけではなく、他の部署の人と一緒に商品開発をしたり、お客さまからのニーズをヒアリングしたりと、意外とコミュニケーション能力が必要になります。

そのため、面接では数学的な能力はもちろんですが、他のスタッフと円滑にビジネスを進めるためのコミュニケーション能力や、自分の考えをわかりやすく相手に伝えるための日本語力などがあるかというところもジャッジされます。

アクチュアリーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

ホームページの新卒採用情報を確認

ほとんどの企業では、新卒採用の時期になるとホームページに新卒採用情報が掲載されて、そこで求める人材やどんな仕事をするかなどの情報を得ることができ、場合によってはエントリーができます。

毎年アクチュアリー候補生の枠がある企業のホームページをこまめにチェックして、新卒採用試験を受けようと思っている年も採用があるかをチェックすることが大切です。

また、数学科などの場合は先輩もアクチュアリーとして働いている場合もあると思いでしょう。

アクチュアリーの先輩に、どのような仕事内容なのかなどを聞いておくとアクチュアリーの働き方のイメージもつきやすくなりますし、採用情報を得られる可能性もあります。

転職サイトに登録

アクチュアリーに転職したい場合は、転職サイトに登録して、希望職種に「アクチュアリー」と入力することにより、募集中の会社を知ることができます。

場合によっては転職サイトのカウンセラーについてもらうことで、優良人材と判断されれば非公開の求人を紹介してもらえることもあります。

アクチュアリーの需要は高まっていますが、未経験でアクチュアリーを目指すのはハードルが高いので、独学で一教科でもアクチュアリー試験に採用しておくと有利に採用試験を進めることができる可能性が高くなります。

アクチュアリーのインターンはある?

アクチュアリーという仕事はあまり理解しにくい職種ということと、理系の優秀な人材に興味を持ってほしいという思いから、多くの会社でインターンシップを実施しています。

たとえば損保会社のインターンシップであれば、さまざまなリスクを想定して、グループワークで保険の擬似設計を行うという会社もあります。

ほとんどの会社では1日限りの短期のインターンシップを行なっており、実際に働くというよりは、どんなことをしているのかということを学ぶというテイストです。

絶対に参加する必要はありませんが、実際に社員の人たちから話を聞くだけではなく、頭を使いながら仕事内容を理解できるチャンスなので、時間がある場合はなるべく参加することをおすすめします。