税関職員の1日

通常、税関の開庁時間は、8:30〜17:15です。しかし、すべての税関職員が同じ勤務体制ではありません。

大きく分けると、「日勤勤務」と「当直勤務」があり、部署によっても働き方は異なります。

ここでは、通関審査をしている税関職員(日勤勤務)の1日を見てみましょう。

午前中の仕事

8:15 仕事の準備

NACCS(通関専用のソフト)が入っている自分の席のパソコンを立ち上げます。

まずは、前日の閉庁時間以降に申告された輸出入データがないかを確認します。

24時間輸出入申告をすることが可能なため、既に本日審査すべき書類が届いていることも少なくありません。

加えて、業務メールや1日のスケジュールを確認します。

8:30 開庁 書類審査

税関が開庁になると、次々と輸出入申告がNACCSの受信フォルダに届きます。

輸出入申告は、コンピューターによって自動で3つの区分に分類されます。
区分1:輸入許可
区分2:書類審査
区分3:現物検査

区分2、3に分類された仕事を、他の審査官と分担しながら審査します。

輸入申告であれば、

・輸入申告書と添付されている書類の内容が合致しているか?
・貨物の税率は適正か?
・食品であれば、食品衛生法の承認をとっているか?

などを確認していきます。

不明点があれば、輸入申告をした通関業者に電話で確認することもあります。

申告の訂正が必要な場合は、通関業者に訂正してもらい、問題がなければ許可を出します。

午後からの仕事

13:00 税関検査

区分3に分類された場合は、実際の貨物を確認します。

検査場に出向いて行う場合と、通関業者に指定した貨物を持ってきてもらう場合があります。

検査場に出向く場合は、検査場所、時間、内容を通関業者と打ち合わせをし、現場に向かいます。

検査内容には、「コンテナごと通せるⅩ線(レントゲン)検査」「貨物の開封検査」「麻薬・薬物の付着がないかの拭きとり検査」などがあります。

検査後、コンテナや貨物の写真をカメラで撮影しておき、検査報告書を作成します。

15:00 書類審査

引き続き、当日やるべき書類審査を行います。
通関業者より要請があった場合は、税関の閉庁時間以降でも書類の審査を行う事もまれにあります。

17:15 閉庁 翌日の準備

税関が閉庁すると、翌日する仕事を確認して業務は終わります。

職場や時期によっては残業しなければならないこともあります。