書店員のやりがい

流行の発信源に

自分のこれまでの読書歴や、その結果得た知識、接客や店舗巡回を通しての発見などを生かせることが書店員の醍醐味です。

任されたコーナーに陳列する雑誌・書籍の選定に携わり、レイアウトを工夫し、POPで紹介することで直接購買層に働きかけ、売り上げに貢献することができるのは書店員にとって大きな喜びであるといえるでしょう。

自分が選び、紹介した書籍・雑誌が知名度の有無に関わらず客から支持され、流行につながる可能性があるという点にやりがいを感じて、日々奮闘している書店員がほとんどです。

手から手へ本がわたる瞬間

自分が選び、書棚に並べた雑誌・書籍が売れ、客の手に渡ったときに得る喜びは何にも替えがたいものです。

単純に話題の新刊本を平積みするだけではなく、自分の得意分野を生かして、工夫をこらし、独創的な書棚を作ることが客の購買意欲をかきたてることにつながります。

ただ自分の好きな本を並べるだけではなく、人々の反応を観察し、試行錯誤しながら書棚を作るという役割は書店員に大きなやりがいを与えています。

現代の書店員にはこんなやりがいも

Web上での雑誌・書籍の販売や電子書籍の発達などのインターネットの参入によって書店の存在を危ういものにしているといった見方もあります。

しかし、インターネットの発達はこうした逆風をもたらすばかりではありません。

今や国民のほとんどがSNSやブログのアカウントを取得し、自己表現や情報入手の手段として活用しています。

このような状況の中で書店員が自身の勤務する書店のイベントを紹介したり、おすすめの雑誌・書籍を紹介したりすることが容易になりました。

この地道な活動が集客につながり、書店員と客との交流のきっかけになったりもしています。

多くの人に簡単に情報を拡散することのできるSNSやブログなどの手段を使って客と交流できることは現代社会で活躍する書店員のモチベーションの一つになっているといえるでしょう。

仕事体験談