書店員のつらいこと、大変なこと

実は体力勝負の肉体労働

文化系のイメージが先行しがちな書店員ですが、その業務は意外と体力勝負です。

書店員の1日は入荷してきた商品の開梱と陳列で始まります。限られた時間の中での開店業務は丁寧さはもちろんのこと、スピードも必須であるため、慣れるまでは苦労するでしょう。

また、紙で指を切ってしまうこともままあるようで生傷が絶えずバンドエイドが必需品になります。

日中は店内を巡回し、客の対応をしながら書棚の整理を行います。書店員は1日のうちで座っている時間がほとんどないのです。そのため、腰痛や膝痛に悩まされる人も多いようです。

日曜祝日休みや連休はほとんど取れない

書店員はシフト制で勤務を行っています。そのため、不定休な上、連休はほとんどとれません。

また日曜祝日は1日を通して多くの来客数が見込めるため、大体出勤となります。有給休暇も消化できないことが多いようです。この現状は多くの書店員の悩みの種になっています。

書店員は全知全能?!

書店員は接客業です。客との関わりにおける苦労も絶えません。

書店を訪れる人にとって書店員は「本のことなら何でも知っている存在」です。自分の得意分野ではない雑誌・書籍について聞かれることもあれば、「昨日テレビで紹介されたあの本」などという漠然とした質問をしてくる人もいます。

返答に困る質問をされると、とくに勤務歴の浅い書店員の中には動揺してしまう人もおり、最悪の場合、お客さまからのクレームにつながることもあります。

たとえ、答えられない質問をされても、担当のスタッフを呼んできたり、誠意を持って一緒に探すなどの対応をすることで客の信頼を得ることができるはずです。

悩み、失敗しながら、全国でたくさんの書店員が奮闘しています。

ピーク時のレジは長蛇の列

書店が一番混雑する時間帯は、会社・学校帰りの人が多数来店する夕刻から閉店にかけての間です。

日中は店内の巡回の他にもPOP作成や紙カバー作りなど比較的接客以外の業務に充てる時間がとれるのですが、ピーク時はレジカウンターからほとんど出ることができません。

レジに会計を待つ多くの人が並んでしまうこともあり、1日のうちで一番大変であるといえます。

とくにピーク時の紙カバーかけはスピードと丁寧さが要求されるため、新人書店員の登竜門になっているといえるかもしれません。

仕事体験談