書店員の1日

一日の流れ

書店員のとある一日をタイムラインにそって見てみましょう。多くの書店では2交代から3交代のシフト制をとっています。

9:00

店舗に出勤し、その日に納品された雑誌・書籍を確認する。開店前に開梱、陳列する。

9:45

レジ開け等の開店業務を行う。

10:00

開店。来店したお客さまの対応、会計業務を行う。

11:00

接客と並行しながら、翌日以降の発注を電話で行う。またかかってくる出版社からの営業電話にも対応する。

12:30

他の店員と交代で昼食休憩をとる。

14:00

接客の合間にPOPやブックカバーを作成する。

17:30

接客のピーク。ひたすらお客さまの対応を行う。

21:00

最後のお客様を見送って、閉店業務にかかり、終了次第帰宅する。

意外と肉体労働?!

書店員の出勤は開梱を待つ雑誌・書籍に迎えられます。書店の規模によって仕入れの量はまちまちですが、開店前の荷解きと陳列はなかなかの体力勝負です。

昼間は接客と電話対応がメイン

開店後はお客さまの対応だけでなく、棚の整理をしながら店内の様子を常に確認・把握します。翌日以降の商品の電話発注や出版社からかかってくる新刊本の売り込み等の営業電話の対応も行います。

この合間に包装紙でカバーを作ったり、POPを作ったりと多岐にわたる業務に追われ、あっという間に時間が過ぎていきます。

一番忙しいのは夕方から

学校・会社帰りに立ち寄ったお客さまで店内が溢れ返るのが夕方から閉店にかけての時間です。ここからはカウンターに入っての会計業務が中心になります。

中でもカバー掛けは速さと美しさが要求されますが、最初のうちは大変かもしれません。またお、客さまから注文があった本が入荷された場合はこの時間に電話をすることが多いです。

こうして書店員の忙しい一日は幕を閉じます。

仕事体験談