指揮者のやりがい

賞賛も批評も一身に

指揮者は自分が指揮した曲の最高責任者ですから、演奏の出来には全責任を負うことになります。演奏中の小さなミスや思いがけないアクシデントも、最終的には指揮者の責任。

ときにはブーイングや辛辣な音楽批評家たちのコメントにさらされることもあります。

もちろん最高の演奏ができたときは、場内の鳴り止まない拍手に、何度もカーテンコールやアンコールに応えます。

賞賛も批評も、そのすべてを一身にうけるのが指揮者という仕事で、それこそがたまらない「指揮者冥利」なのだとか。

オーケストラの団員の中で最も華々しく、責任の重い「リーダー的な立場」にやりがいを感じられることこそ、指揮者としての資質といえるでしょう。

重圧や緊張感をつらいと思わずモチベーションとして利用し、名演奏の糧にするタフな精神力。

そして賞賛には溺れず、辛辣な批評にもくじけることなく、自分なりの音楽観を追求していく姿勢。

この両者があってこそ、オーケストラのトップとしてふさわしく、やりがいを感じられる資格があるといえるのです。

音色を操り、まとめあげる達成感

タクトを振って自由自在に音を引出し、数多くの演奏者を思い通りに操る指揮者の姿は、魔法使いや神様の行う奇跡をイメージさせ、誰もが「一度はやってみたい」と夢想したことがあるでしょう。

実際、指揮者たちも自分の指示通りにプロの名演奏家たちが音色を奏でる瞬間、大きな高揚感を得るといいます。けれどもそれには事前の地道な努力があってこそ。

有名オーケストラの団員といえば、それぞれがソロで演奏会を行っても多くのファンが集まるような名うての名演奏家ぞろいです。

それだけに、演奏する曲目についての自分なりのイメージや曲想があるこだわり派が多くいます。

そんな曲者たちが数十人も集まるオーケストラで指揮を執り、自分の指示に従わせて曲を完成させるのは、至難の業。

スター指揮者であれば敬意をもって迎え入れられても、キャリアが浅い新米指揮者はベテラン奏者とコミュニケーションを図り、自分のイメージ通りの演奏をしてもらうのは本当に大変です。

ベテラン奏者への敬意を示しつつ、熱意をもって繰り返し自分のイメージを伝え、論理立てて説明し、ときには議論もいとわない姿勢をみせることで、ようやく指揮者として認められ、徐々に団員のチームワークも音色もまとまっていくものです。

この作業を経て曲をイメージ通りにまとめあげることができたときの達成感は、他に比べるものがないほどだといいます。

聴衆の拍手

指揮者への最高のご褒美は、なんといっても聴衆からの拍手です。

実際にチケット代を払い、会場へ足を運び、演奏を聴いて「素晴らしい」と賛辞の気持ちを込めて贈られる拍手ほど、指揮者にやりがいを与え、心を奮い立たせるものはありません。

日本のクラシックコンサートの聴衆は非常に礼儀正しく、曲が終わればまず間違いなく盛大な拍手が贈られますが、欧米のオーディエンスは一筋縄ではいきません。

歴史的にもクラシック音楽が体にしみこんでいて、造詣が深い人も多く、またストレートに演奏への感想をアピールする欧米の聴衆たち。

「いまひとつ」の演奏には、拍手もまばらとなります。ひどいときには聞くに堪えないという意思をアピールするために、コンサートの途中で退席してしまう人もいるといいます。

しかしそれだけに、名演奏だったときの賞賛もストレートです。会場が揺れるような拍手を贈り、会場のあちこちから「ブラボー!」の声が飛びます。

お世辞のない賞賛に、指揮者は大きなやりがいを感じます。指揮者を含むクラシックの音楽家は「聴衆のブラボーと拍手で育てられる」といわれるほどです。