庭師のやりがい

顧客の笑顔のために

庭師の仕事は庭木の剪定を始め、害虫の駆除や外構の施工など多岐にわたる客からの依頼で成り立っています。

作業の過程で依頼主からの喜びの声や感謝の気持ちを直接耳にすることができることは庭師にとって何よりの喜びです。

作業には1日で終わるものから数日かかるものまでさまざまな規模がありますが、作業が完了した時に依頼主に喜んでもらえた時の満足感は何にも代えがたく、その後の仕事の原動力になります。

また、依頼を受けた顧客に満足してもらうことで継続して仕事を受注できる可能性が高くなります。

さらに、また口コミで良い評判が伝わり、集客につながることも少なくありません。

目に見える達成感

剪定や庭造りは見た目に結果が出るため、やりがいを感じやすいと考える庭師が多いようです。

造園業は他の建築関係の業種に比べて、1件当たりの工期が比較的短いため、頻繁に達成感を感じられるといえるでしょう。

また、庭師の手がける案件の多くは長きにわたって形として残ります。

完成した瞬間に大きな喜びを感じられるのはもちろんのこと、その後、自分の請け負った庭園が時間を経て成長し、変化していく様子を見る楽しみもあります。

前述のように継続して同じ案件を受注することが多いため、多くの庭師が愛着を持って仕事に当たっています。

やる気次第で独立も可能

職人の仕事に完成はありません。生涯を通じて技術を向上させ、高みを目指すことのできる点が職人の魅力です。もちろん、庭師も例外ではありません。

経験を積み、技術を向上させていく過程で独立を考える庭師は多く、現在でも個人事業主として活躍する庭師は微増傾向にあります。

独立して仕事を請け負うことで苦労も増えますが、自分の信念とこだわりを貫きやすいというメリットもあります。

独立・開業は多くの庭師の目指すところであり、努力次第でその門戸が開けていくという事実がモチベーションの一つになっているとえます。

表現者としての喜び

依頼された仕事に対して、それまでの経験で培った技術と専門知識を駆使し、顧客の要望や利便性も加味しながら、試行錯誤していくことは一つの表現活動であると言っても過言ではありません。

自ら考えて施工を進め、図面には書かれていない要素を自分の感覚で反映できるといった、表現者としての喜びを日々感じている庭師も多くいます。

樹木や鳥、昆虫、色、香りなどの自然の恵みを想いのままにプロデュースでき、自分なりの世界を形にできることは庭師だけに許された、いわば特権です。

繊細かつダイナミックな庭師の世界に魅了されている職人は実際に数多く存在し、全国で活躍しています。

庭師の仕事に正解はない

「仕事の奥深さ」に魅了されている庭師も少なくありません。与えられた案件を自身の感性でプロデュースしていくのが庭師の仕事です。そこには、正解がないかわりに不正解もありません。

たとえ、お客さんが喜んでくれたとしても、もっと良い方法があったかもしれない、と庭師は常に自問することになります。

経験を重ね、自分自身が成長することで、表現できるものも変わってくるという、答えも終わりもない奥深さは庭師が生涯挑み続ける課題であり、やりがいの一つであるといえます。