庭師になるには

資格は必要?

庭師になるために、とくに必要な資格や学歴はありません。

資格がないと業務ができないというわけではありませんが、能力を証明するものとして、国家資格がいくつかあります。

「造園技能士」や「造園施工管理技士」、公的資格として「樹木医」などがそれにあたります。

「造園技能士」には、1級・2級・3級があります。1級が厚生労働大臣、2・3級が都道府県知事により合格を認定される資格です。

「造園施工管理技士」は、合格率の低さから、数ある施工管理技士資格の中で最難関といわれています。

ただし、これらは実務経験が必要なため、就職後に取得することとなります。

庭師になるための学校

庭師として働くためには、造園会社に就職することが一般的です。

就職するにあたり、特別な学歴が問われることはありません。ただ、各種学校において、造園、園芸、建築、土木などの知識をつけておくことは就職の際のアピールポイントになります。

また、庭師として働き始めてからの助けになることも多いので、進学の際は専門の学科を選ぶことをおすすめします。

高校

全国的に見て、数は多くありませんが園芸高校では庭師として必要な基礎知識を学ぶことができます。あるいは農業高校の園芸科、造園科、土木科でも同様の勉強ができます。

また、関連の学科を併設している普通科高校もあるので自分の学力、居住地域を加味して調べましょう。

普通科高校に進学を希望する中学生が大半を占める中で、専門学科への進学を決める生徒は卒業後の進路意識が強いため、良い環境で3年間を過ごすことができるでしょう。

もちろん、入学後に進路変更することも不可能ではありませんが、専門学科は履修科目の面でも普通科高校とは大きく異なるので苦労することもあります。

専門学科に進学を決める際は周囲の助言を求めながら自分の意思を固めていく必要があります。

大学・短大

大学や短大の園芸科や造園科、土木科への進学を希望する場合は、入学試験を突破するだけの学力を身につけて下さい。これらは理系学科であるため、高校では理系選択をしておく必要があります。

これらの専門学科を設置している大学はそれほど多くないので、学校選びは確実に行いましょう。

また、志願者が殺到し、高倍率になることも多いため、複数の学校に出願するなどして綿密な受験計画を立てておくことが必要です。

専門学校

庭師に必要な基本的な知識から高度な技術までを短期間で習得することができるのが専門学校の強みです。

強い学習意欲を持った幅広い年齢層の学生が集まるため、効果的な学びを得ることができるといえます。

入試の難易度もそれほど高くなく、庭師を志願する気持ちが強い人にはおすすめです。

庭師として働く

学校を卒業し、造園会社に就職した後、しばらくの間は修行期間です。職人的な仕事になるため、一人前になるまでには長い年月がかかります。

最初は、
・100以上ある道具の種類をすべて覚え、正しく準備すること
・庭に生えた草を1本残らず取り除くこと

など、造園の下準備のような仕事をします。

それから徐々に、植木の手入れや剪定の仕方などを覚えていきましょう。最終的に、造園関連の業務すべてができる状態になることが、庭師のキャリアアップです。

このレベルの職人は「親方」と呼ばれ、図面の作成、見積もりの計算、人事管理等の事務的な職務を行う能力が求められます。

その他、庭師の仕事には土木関連のものもあります。

たとえば、個人の家を担当する場合、竹垣や壁、ガレージから犬小屋まで、さまざまな物を対象に、トータルで整備を行います。

庭師の仕事は幅広く、そして奥深いもの。そのため、1人前の庭師になるには10年以上の年月がかかるといわれています。

造園会社で経験を積んだ庭師は、その後独立する場合が多くなっています。