庭師になるための学校(高校、専門学校、大学)、通信教育

学歴不問だが専門知識は必須

庭師になるためには学歴は必要ありません。ただし、生きた植物を扱う職業である以上、専門的な知識や技術が求められます。

植物には人間と同じようにライフサイクルがあり、その特性によって、それぞれ手入れの仕方なども異なってきます。

庭木に対して、最善の手入れを行うためには、相応の知識や技術を学ぶ必要があるのです。

また、公共事業に携わる際には法律の知識が必要とされる場面が出てきます。個人からの依頼でも建築関係の法律の知識がないとトラブルを引き起こしてしまう事態にもなりかねません。

これらの知識や技術は庭師の職に就いてから経験的に習得していくことが可能です。

しかし、就職する前に高校や短大、大学の専門学科や専門学校、通信教育などで基本的な知識を学んでおくことは庭師の職に就いた後に大きな助けになります。

また、専門教育を受けた経験があることは就職活動の際にも大きなアピールポイントになるといえるでしょう。

園芸高校で学ぶ

数はそれほど多くありませんが、園芸高校や農業高校の園芸科に進学し、造園の基礎知識を学ぶという手段があります。

専門の高校に進学することで、早いうちから専門知識を学ぶことができ、社会に早く出られるというメリットがあります。

同じ志を持った級友と共に学ぶことは夢の実現を大きく後押ししてくれることでしょう。

ただし、園芸高校や農業高校は普通科高校とカリキュラムが大きく異なるため、途中で進路変更を考えた場合、習得単位等の関係で苦労することになるかもしれません。

進路決定を行った中学生の段階と高校卒業の段階とでは気持ちに変化が生じることもあるでしょう。

専門の高校に進学を希望する場合は周囲の助言を受けながら、自身の決意を強固なものにする必要があるといえます。

短大・大学の造園科

高校卒業後、短大や大学の専門学科で学ぶのも方法の一つです。進学を希望する場合、造園科は理系学科であるため、高校では理系科目を選択しておく必要があります。

短大や大学に進学するためには入試を突破するだけの学力が必要です。

造園科のある大学はそれほど多くないので希望者が殺到し、高倍率になることも多いため、受験勉強で苦労することを覚悟しておきましょう。

入試の苦労が大きい分、就職活動の際に大きな強みになるのが短大・大学のメリットです。在学中、しっかりと努力することで造園会社への就職のチャンスは十分に得られると考えてよいでしょう。

専門学校で学ぶ

庭師を志願する人の中には専門学校への進学を選ぶ人が増えてきています。

専門学校で学ぶメリットは庭木に関する基本的な知識から、剪定、施肥、薬剤散布、竹垣の製作、飛び石の施設などといった実践的な知識や技能まで、短期間で習得できることが挙げられます。

在籍している学生の年齢層も幅広く、本当に学びたいと考える人が集まってきているため、高いモチベーションで学習することができるといえます。

また、専門学校の中には造園技能士などの資格取得を目指す講習が行われているところもあります。

講習は学科試験、実技試験に受験級ごとに対応しており、過去の問題や模擬テストを使った効果的な学習で合格を目指すことができます。

学生のうちに資格を取得しておくことは現場に出た後、大きな助けになるでしょう。

弟子入りして現場で学ぶ

庭師になるために学歴が不要なのは前述のとおりです。したがって、進学せずに、造園会社などに見習いとして就職し、現場で親方などから庭師に必要な事柄を学ぶという方法もあります。

実際に経験を積みながら知識や技術を養っていくということです。

この場合、先輩から全てを吸収しようという強い意欲を持って修行に励む精神力や自主的な鍛錬が必要です。

また、見習いの身分とはいえ、就職するわけですから、当然賃金も発生します。給料を受け取る以上、中途半端な勤務態度は許されません。

弟子入りを志願する人は強い覚悟と情熱を持って門をくぐりましょう。

自分のペースで学べる通信教育

庭師として必要な基礎知識を学ぶことのできる通信教育を受講するという方法もあります。

庭師への転職を考えている人や、現在、造園関係以外の学校で学んでいる人など、時間に制約のある人にはおすすめです。

多くの場合、映像教材がついているため、自宅にいながらにして分かりやすく学ぶことができます。

ただ、すべてを自分のペースで行わなければならないため、自分に甘えてしまう傾向のある人には難しい学習方法かもしれません。