樹木医のやりがい

治療の効果が目に見えて分かる

病に侵された樹木の診断・治療を行う樹木医にとって、その樹木がどうして弱っているのか、原因を究明し、適切な治療を施した後、その効果が目に見えてわかったときこそが、大きな達成感を感じることのできる瞬間であるといえます。

疾病原因の究明や治療方法の検討には長い期間を要することもあり、心身ともにハードさを感じる案件も少なくありません。

だからこそ、結果が目に見えたときにそれまでの苦労が報われる思いがするのでしょう。

樹木を通じて人々に喜びを与える

前述の通り、樹木が元気を取り戻すことは樹木医にとって大きな喜びです。

それに加えて、樹木の関係者から喜びや感謝の声をかけられることも樹木医が仕事をする上で大きな励みになっています。

個人の依頼主の中には、樹木を人生のパートナーとして考える人も少なくありません。

それまでの人生を共に歩んできた樹木が病に倒れ、大きな悲しみを感じていた依頼主の思いに応えるべく、診断・治療に励み、その樹木が元気を取り戻すことで、依頼主の喜ぶ顔が見られたときこそ、まさに樹木医冥利に尽きる瞬間といえるのではないでしょうか。

太古から続く歴史に携われる

樹木は本来、人間よりはるかに長く生育します。したがって、樹木医が扱う樹木の多くは今後長きにわたってこの地球上に生き続ける可能性が極めて高いわけです。

樹木医にはその樹木の長い歴史に携われるという醍醐味があります。

逆に自然遺産や天然記念物に指定されているような太古の昔から守られ続けている貴重な樹木に関わる機会もあります。

自分の知識や技術がこのような樹木の保護や育成に生かせることは樹木医にとって大きなやりがいにつながっているといえます。

樹木を守る人を育てる

樹木医の中には、直接樹木に関わるだけではなく、未来の樹木医を育てる立場にある人もいます。

大学や専門学校で教鞭をとっている樹木医は近い将来に後輩になる人材を育てているといえます。

また、一般の人を対象にした講演会等で出会った人が、自身の講演をきっかけに樹木医を志すという場合もあるでしょう。

後継者の教育に携わる喜びを直に感じることができるのは、樹木医としてのモチベーション向上にもつながっています。