回答者:桃太朗の姉さん(女性/40歳)

職業名:医療事務 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:8年

仕事内容
私の仕事内容は、都立病院で医療事務でした。

医療事務は、将来ブランクができても資格が生かせますし、勤務場所が病院なので福利厚生が安定しているので選びました。

具体的な仕事はカルテ管理、医師の事務補佐です。
仕事のやりがい
事務でありながら、人の役に立てていると実感が持てる仕事です。

患者さんを手助けする仕事ですが、患者さんから受付でありがとう、など声をかけていただき逆に元気をいただいたりしました。

医師・看護師さんと比べると患者に直接触れ合うことは少ないですが、コミュニケーションはとれます。
覚悟しておいた方がいいこと
私は、特に大きな病院なので、重い病気を抱えている患者さんも多く、外来でも病気の宣告をされて待合室で泣いている方、入院病棟での事務は、接していた患者さんの死を経験することがあります。

また、レセプトを担当すると月に何日か残業もあります。
給料・待遇
大きい病院での医療事務は、派遣社員も多いですが、医療事務専門の派遣会社なら昇給やボーナスもあります。

病院の直接の正社員なら月収20万以上もあります。

福利厚生も充実しています。

有給なども人数が元々多いので、交代で取りやすいです。
この職業の恋愛・結婚事情
病院の中での恋愛は、同僚・先輩をみますと、患者さんが多いと思います。

同じ医療事務は女性が多いので、同じ職種で恋愛・結婚というのは聞いたことが私はありません。

ただ医療事務は、結婚をしても再就職がしやすいです。
この職業を目指す人へのメッセージ
大きな病院での医療事務は、外来・病棟クラーク、医療秘書、初診受付、会計などいろいろあり、自分で選べる場合などもあります。

ブランクがあいても再就職はしやすいですし、医療の現場ですからやりがいもあります。

人と接することができてコツコツした仕事なので、幅広い経験ができる職場です。

働きやすさとやりがいを求めているかたにはおすすめです。