回答者:たまこさん(女性/30歳)

職業名:医療事務 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:8年

仕事内容
落ち着いた職場で事務職に就くことを希望していたので医療事務が合っていると思い、専門学校に通った後に中小規模の病院の受付業務の職に就きました。 患者さんの診察の受付補助や、診療報酬の点数の計算などの会計業務が主な仕事でした。
仕事のやりがい
診療内容によって細かい計算や分かりにくいものも多いですが、チェックされた時に間違いがないと「しっかりやれたな」という充実感はありました。 また、直接関わることが少ない入院患者さんが、退院の際にわざわざお礼を言いにきてくださったこともあり嬉しかったです。
覚悟しておいた方がいいこと
受付に座っていると、来院する患者さんや電話をかけてくる患者さんのクレーム対応もしなければいけません。 担当の先生に対するクレームだとしても、治療をした先生が電話で直接患者さんと話をしてくれることは少ないです。 クレーム対応のスキルもかなり要求されるのでそこは覚悟がいるところです。
給料・待遇
勤続年数8年28歳で、月収は15万円、年収240万円でした。 ボーナスは夏と冬両方あり、私の勤務していた病院は月給2ヶ月分が賞与1回分でした。 有給休暇は月末や月初めの忙しい時期でなければ、事前に申請すれば問題なく取ることができました。
この職業の恋愛・結婚事情
病院自体には医師や看護師の男性はいますが、医療事務の職は女性が多く受付内には女性ばかりで職場での恋愛や結婚はほとんど見られません。 結婚後も仕事を続ける方が多く、専門的な職種なので結婚や出産で一度職を離れた人が戻ってくることもよくあります。
この職業を目指す人へのメッセージ
病院という場所なので、普通の事務職とは違った緊張感や責任感を感じる職でもあります。 診療報酬の改定など変化に対応して勉強しなければいけないことはあります。 真面目にコツコツ続けていればスキルアップでき、その分年収にも反映されるのでやりがいはある仕事だと思います。

仕事体験談