医療事務と介護事務の違い

医療事務と介護事務は、どちらも「事務職」にくくられる仕事ですが、仕事内容などには違いがあります。

ここでは、それぞれのおもな違いについて見ていきましょう。

働く場所の違い

医療事務は、病院やクリニックなどの医療施設で働きます。

医療施設といっても、入院病棟を備えた総合病院や大学病院もあれば、個人で経営している町の診療所まで規模はさまざまですが、基本的にどのような医療施設においても医療事務は活躍することができます。

一方、介護事務は、おもに介護老人保健施設、デイサービスセンターをはじめとする介護関連施設で働きます。

高齢化が進み介護施設が増えているなか、以前にも増して活躍の場が広がっています。

仕事内容の違い

医療事務のおもな仕事内容は、病院に来院された患者さんの対応をする「受付窓口業務」のほか、「レセプト(診療報酬明細書)」と呼ばれる書類の作成です。

医療保険制度に基づき、合計の診療費のうち、患者さんが負担する金額を計算します。

介護事務も、介護保険制度に基づいてレセプトを作成しますが、医療事務が「診療報酬請求業務」を行うのに対し、介護事務の場合は「介護報酬請求業務」といわれることを行います。

介護サービスの費用のうち、介護サービス利用者に請求する金額と、国や自治体に請求する金額を明確にします。

どちらも似たような仕事ではありますが、診療報酬請求業務と介護報酬請求業務では計算の仕方が異なるため、それぞれ専門知識を要します。

介護事務の仕事

接する相手の違い

医療事務は、病院に来る患者さんと接する機会が多い仕事です。

病院の「顔」として患者さんから診察券を預かったり、電話応対をしたり、会計をしたりと、患者さんと直にコミュニケーションをとる時間が多いのが特徴です。

一方、介護事務は裏方での事務業務が中心となり、接客にはあまり携わらないことが多いですが、場合によっては入所者やその家族と接することもあります。

仕事体験談