医療事務と一般事務の違い

同じ「事務職」の括りに入る医療事務と一般事務。

しかし、細かく見ていけば両者にはさまざまな違いがあります。

ここでは、医療事務と一般事務の違いについて紹介します。

勤務先の違い

医療事務は、病院やクリニックなどの医療施設において、事務の仕事を専門的に担当する人のことをいいます。

一般事務の勤務先はさまざまですが、おもな活躍の場は民間企業です。

そのほか、官公庁や各種団体で事務に携わる人も一般事務と呼ばれることがあります。

法律などで明確に定義されているわけではありませんが、事務職のうち、病院で働く事務スタッフは「医療事務」と考えておけばよいでしょう。

仕事内容の違い

病院で働く医療事務の仕事は特殊です。

患者さんの受付や会計のほか、カルテの管理や保険点数の計算などが代表的な業務内容となります。

なかでも医療保険制度に基づき、患者さんの医療費を計算する「レセプト作成」と呼ばれる業務は、医療事務ならではといえる仕事だといえるでしょう。

入院施設がある大病院であれば、「病棟クラーク」として、入院する患者さんと医師や看護師などのスタッフの橋渡し役にもなります。

一方、一般事務の仕事は多岐にわたりますが、資料や契約書の作成、郵便物の仕分け、ファイリング、メールやFAX送信、電話・来客応対などが代表的な業務です。

オフィスにおける縁の下の力持ちして、他の社員やスタッフが業務を効率的に進められるようにサポートします。

ExcelやWordなど、パソコンを使った作業が多いことも特徴です。

一般事務の仕事

なるための方法の違い

医療事務はレセプト作成など専門知識が求められる仕事であるため、医療事務の資格取得を目指して勉強し、スキルを備えて病院などに就職する人が多いです。

しかし、未経験でも採用されることもあり、その場合は現場で業務に携わりながら医療事務の勉強をすることになります。

学歴はさほど問われませんが、総合病院や大手の病院では大卒者を中心に採用しているところもあるようです。

一般事務は、各企業に就職をして働くことになります。

医療事務に比べると専門性は問われませんが、高いパソコンスキルや語学力があれば優遇される職場もあるようです。

どちらの仕事も正社員のほか、派遣社員や契約社員、パート・アルバイトとして働く人も多くいます。

仕事体験談