医療事務と調剤薬局事務の違い

医療事務と調剤薬局事務は、どちらも医療系の事務職という点で共通しています。

しかし、細かく見ていくと、その仕事内容や役割には違いがあります。

ここでは、医療事務と調剤薬局事務の違いについて考えていきましょう。

働く場所の違い

医療事務が働くのは、病院やクリニックといった医療施設です。

町の個人病院から大きな総合病院まで施設の規模はまちまちですが、大きな病院では複数の医療事務スタッフが分業して仕事をしており、そこに訪れる患者さんと接します。

一方、調剤事務は調剤薬局に勤務します。

調剤薬局には、近隣の病院やクリニックなど、さまざまな診療科で診察や治療を受けた患者さんが訪れます。

最近は大手チェーンのドラッグストアの中に調剤薬局が併設されている店舗も増えており、買い物がてらに調剤薬局へ訪れる人もいます。

病院よりもさまざまな患者さんと接することが多いです。

仕事内容の違い

医療事務は、医療施設でおもに患者さんの受付窓口や会計業務、レセプト作成業務に携わります。

レセプト作成では、さまざまな症状を抱えた患者さんの診療内容や治療内容が書かれたカルテを基に、あらかじめ設定されている点数を計算して、患者さんの会計や保険請求額を出していきます。

調剤薬局事務も、その中心業務はレセプト作成です。

患者さんの処方箋を預かり、処方箋の内容を基に患者さんの会計と保険請求額を計算します。

必要な知識の違い

医療事務のレセプト作成では、診察、検査、投薬、レントゲンなど、一つひとつの処置や行為に対して別の点数が設定されています。

また、入院と外来とでも計算方法が違い、診療科によってさまざまな処置があるため、覚えるべきことは多いです。

一方、調剤薬局事務の場合は、医療事務のなかでも調剤と投薬に関する部分の知識が求められます。

医療事務に比べるとだいぶ範囲は狭いため、資格の取得も比較的容易とされています。

仕事体験談