医療事務の1日

出勤〜午前中の業務

医療事務の1日の過ごし方は、雇用形態や、勤務先となる病院やクリニックの診察時間等によって異なります。

正社員の場合、基本的に勤務時間は病院の受付時間に準じます。

たとえば、8時30分が受付開始の病院やクリニックの場合、院内の清掃や患者さんを迎える準備をするために、8時頃には出勤します。

受付開始時間を過ぎると、午前中の診療時間が終了するまで、患者さん一人ひとりに対して一連の仕事を繰り返して行います。午前中の診療時間が終わると、そこで会計を確認し、昼休みをとります。

午後の業務

午後の診療時間も午前中と同じように、患者さんに対して受付、問診、診察介助、カルテ入力、会計といった一連の作業を行います。

医療事務の中心はレセプト業務(診療報酬請求業務)です。

病院やクリニックでかかった診療費は、患者さんと保険者(国や健康保険組合など)にそれぞれ請求する必要があり、保険者への請求はレセプトを作って請求する必要があります。この書類を作成する仕事のことを「レセプト業務」といいます。

レセプト作成は専門知識が必要で、時間もかかる作業のため、毎月、締め切り間際の時期には残業して仕上げなければならないこともあります。

受付終了後

午後の受付が終了し、すべての患者さんがいなくなったら、会計の確認や清掃を行い勤務終了です。たとえば18時が受付終了の病院やクリニックであれば、18時30分くらいが終業となります。

医療事務の勤務時間は比較的安定しており、よほどのことがなければ長時間の残業はありません。子育てしながら仕事をすることも可能であり、女性に人気の職業です。

ある医療事務の一日

8:00 出勤

制服に着替えて、清掃や受付の準備をします。

08:30 午前中の受付開始

来院された患者さんの対応や、レセプト業務を行います。

13:30 昼食

持参したお弁当を食べたり、外に食べに出たりすることも。

14:30 午後の受付開始

午前中と同様の業務を行います。

18:00 受付終了 掃除、片付けなど

簡単なミーティングを行うこともあります。

18:30 業務終了

とくにトラブルがなければ定時で上がれます。

仕事体験談