翻訳家の資格

翻訳(英語)に関する資格はさまざま

翻訳業とは独自で開業できる仕事であるので、厳密に言えば資格となるものは必要ありません。

ただし何らかの企業や翻訳会社に所属して仕事を行う場合は、雇用者が求人要件として一定以上の英検資格やTOEICの点数、会社の主催するトライアルの合格を基準とすることもあります。

英語の資格としては唯一の国家資格として「通訳案内士」、公的なものとして、実用英語技能検定、日商ビジネス英語検定、工業英語能力検定試験などがあります。

民間資格としては有名なTOEICやTOEFLの試験から、国連英検、観光英検、全商英検、通検など様々なものがあり、英会話からリスニング、通訳の能力やライティング能力など多様な能力を計ることができます。

翻訳に直接関係した資格としては翻訳技能認定試験、JTF(ほんやく検定)とTQE(翻訳実務検定)などがあり、これらはプロの翻訳者レベルの技能までカバーしていると言われています。

JTA公認翻訳専門職資格試験の概要

資格取得はアピールにつながる

これらの資格を取得したからといって直接的な雇用や仕事を得られることにつながるわけではありません。それは簿記や教師やコンピューター技術の資格などが必ずしも職業と結びつくわけではないのと同様です。

翻訳業は組織に属さないことが多く、個人で仕事を上手くやっていくためには、当人の営業力や信用だとか、翻訳料金、専門分野への強さ、翻訳の質や仕事の早さなど資格以外の要素が重要になってくることが多いです。

もちろん、資格は個人の能力のアピールや英語能力の一つの目安とはなります。実務翻訳で一般社員として会社に勤める場合が、それが採用の一つの基準になることもあるかもしれません。

その他にも自分の英語能力の確認、クライアントの信用を得るためなどの目的に、何らかの英語資格を取得しておくことは、望ましいかもしれません。

仕事体験談