翻訳家になるための学校・スクール

翻訳家向けの学校・スクールを活用する

翻訳家となろうと思うなら、学校などに通うのも一つの手です。

翻訳学校は大きな都市であればたくさんありますし、地方在住で授業が受けられない場合も、今はほとんどの場合で充実した通信教育やスカイプやウェブを使った授業などもあるので、向学心があるのであれば地域格差はさほど障害にならないようになってきています。

むしろ注意すべきなのは学校の選び方です。学校によって差はありますが、きちんと評価されている大手の学校から、マイナーで新しい専門学校までさまざまです。

英会話スクールの中に高額すぎるものがあるように、翻訳家を目指す人のための学校の中にも費用と内容が見合っていないところがある可能性もあるので注意が必要です。

学校・スクールの選び方

きちんと評価や歴史が確立されている学校であるか、卒業後の進路はどうなっているか、出身者がちゃんと翻訳業にたずさわれているのか、学習のサポート体制はしっかりしているか、翻訳の仕事を紹介してくれることはあるのか、といった点をきちんとチェックした方が良いでしょう。

新しいスクールは料金を抑えてあるところもありますが、その分信用や実績が低めのところも多く、トータルなメリットを考えると、安いから良いとは一概には言えないところもあります。料金だけで決めずに、質の高い教育が受けられるかも確認した方が賢明です。

質の高い学校だと、教える側が親切丁寧で能力向上にとても役に立った、仕事として翻訳業に携われるようにサポートしてもらえた、というように卒業生のプロ翻訳者から評価されているところもあります。

業界ネットワークもスクールの魅力

もちろん、独学でも翻訳者となることは可能です。ですがスクール関係はその分野で活動している組織だけであって、個人では知ることのできない情報や人脈、業界のネットワークが確立されていることが多いのです。

上手に利用としていくことで翻訳家の道が開けるかもしれません。

仕事体験談