映画監督に向いている人・適性

心から映画が好きでたまらない人

映画監督になるための一番の条件は、心から映画が好きな人です。感性が豊かで、さまざまな角度から映画を見ることができる人が向いています。

映画を制作するのは、容易なことではありません。体力面・金銭面・精神面のすべておいて、つらいことも必ずあります。

そんなときに、自分自身を支えてくれるのが「映画が好き」という真っ直ぐな気持ちです。

映画制作を仕事として捉えることも必要ですが、いつまでもキラキラとした想いを忘れずに良い作品作りに全力で取り組める人が向いているといえるでしょう。

人間的な魅力に溢れている人

映画監督は、映画制作の現場において最も重要な人物です。最高責任者である監督は、制作においてすべての決定権を持つため、常にリーダーシップと決断力が求められます。

現場の動きに臨機応変に対応し、撮影がスムーズに進むような流れを作ることが監督の役目なのです。

もちろん多くの制作スタッフや俳優陣を取り仕切るには、全員が「監督のために良い仕事をしたい」「誠心誠意がんばりたい」と思えるような人間としての魅力も必要となってきます。

人間的な魅力は意識をして作れるものではありませんから、たくさんの作品を鑑賞したり、多くの人と関わることで人間力を磨くことが大切です。

人の心を動かすような作品を作るには、自分自身が魅力的な人物であることがとても重要なのです。

精神的にも体力的にもタフな人

映画監督は、常に大きな責任を背負わなければいけません。撮影時はもちろん、映画が商業的に成功をおさめるまで、映画監督はさまざまな責任を背負いながら一つの作品を作り上げているのです。

ですから、精神面では非常に大きなプレッシャーを感じながら過ごすことになります。

たくさんの俳優やスタッフのトップに立つだけでも大変なことですが、さらに作品を成功に導いていかなければならないので、毎日大きなプレッシャーとの戦いとなるでしょう。

また、体力的にも非常に大変な仕事です。なぜなら監督がいなければ、撮影自体が進められないからです。

映画撮影は、撮影自体も『何時から何時まで』と決められないことも多いですし、天候やシーンの出来などにも大きく左右されます。

どんな状況でもかならず現場に居なければいけない監督は、非常に体力を使います。

精神面・体力面の両方で気を遣わなければならないので、タフな性格でなければ映画監督はやっていけません。

映画監督には他の多くの仕事と比べても向き不向きが明確に分かれる仕事です。人望も少なからず必要なため、映画監督として、人間そのものの価値も問われる仕事なのです。